タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

指にぎにぎ遊び

2010.04.27(22:43) 770

しばらく学校の仕事のことを書いていませんでした。
3月の年度末には前年の年度末まとめの記事にたくさんブログ拍手をもらっていたので、これは本年度のまとめを記事にしろという催促だなと思っていました。けれども担任を持っていなかったので直接どんぐり問題を児童にすることも、どんぐり理論で算数の授業をすることもなかったので(もちろん教育の統一場理論ということは毎日の教育活動で常に考えていましたが)、どんぐり理論のまとめとして出せる記事は書けませんでした。

しかし、校内研修などではことあるごとに、
  • 「できる」より「わかる」が大事
  • 言葉のむこうにある子供たちの視覚イメージを見よう
  • ゆっくりと感じ味わう時間が必要
  • 「読み書き計算」よりさらに具体的に分かり考える学習
  • 目で分かり考え覚える
  • 見えるから分かり納得できる
  • 3年生までに思考力・卒業までに判断力を育てよう、
と言ってきました。
「基礎基本の上に応用力」という思い込みが子供を見えなくさせ、「基礎基本がなかなか定着しない」と行き詰っているところに、ボディーブローとしてはかなり効いたと思います。


本年度も校内では昨年同様、担任は持っていないのですが、昨年のポストに加えて本年度は研究主任をゲットしました。

本年度の校内研修では、子供たちの思考をいかに育てていくかという課題を中心にして研修を進めたいと計画しているところです。

具象語のむこうに視覚イメージがある。
抽象語のむこうに視覚イメージの束がある。(感情もかな)
論理のむこうに視覚イメージの操作(思考)がある。(判断もかな)
視覚イメージが先にあって言葉が結びついてくるということは進化の過程を見れば分かる。

言葉のむこうに視覚イメージがあることをはっきりと意識して、一人一人の子供に豊かで多様な原形視覚イメージを育てること。
多様な原形視覚イメージは、思考のエンジンとなる。
エンジンのついた子供は、主体的に思考・判断できるようになる。

こうしたことを学校現場で納得しながら取り組み、明らかにしていける職員研修にしたいと思います。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


今日は、1年生の子と休憩時間に、指にぎにぎ遊びをして遊びました。


そしてこのことを次の授業に行かれた担任の先生の机の上に次のようなメモを置いて報告しました。



1年生の子供たちと指にぎにぎ遊びをしました。

やり方はこうです。

子供は目を閉じて両手を出す。子供の指を何本かを握る。
子供は握ってもらった指の数を当てる。答えたら目を開けて確かめる。

握っていない指の数を当てたり、握った指の数と握っていない指の数をセットで答えたりすることもできる。

この遊びの良い点は、
  • 勉強ではなく遊びの中ででき、体でのコミュニケーションもできるので、「快」の感覚と結びつけることができる。情緒の安定を図れる。
  • 数を体で感じることができる。自分の体の中にある一番確かな数の概念であるので、絶対的な自信となる。
  • 自然に十進数の概念の基礎や、10の補数(たして10になる数の組み合わせ)の概念ができる。
  • 目を閉じて当て、見て確かめることにより、イメージ力と目で確かめる力が高まる。指(数)をイメージして、たし算ひき算へとつなぐことができる。

ということです。

留意点は、
  • 学習が楽しいという感情に結びつくように、楽しい感情とともに、落ち着いてゆったりした雰囲気の中で遊ぶ。
  • 「2+8=10」などと知識を教えてはいけない。指のイメージと目で見て分かった納得感で数の概念ができれば、授業で「2+8」を学習した時、瞬時に理解できる準備ができ上がっている。

ということです。


放課後に、1年生の担任の先生をメモのことで話しをしました。そして、
「それ、ええなあ。今度の参観授業はそれで行こう」
ということになりました。
「そうですね。おうちの方にしてもらうのもいいと思います」
「先生、それ、どこで仕入れたん?」
と聞かれたので、待ってました、
どんぐり倶楽部の糸山泰造先生ですよ」
と答えました。
1年生の担任の先生には、新入生の実態と照らして、指にぎにぎ遊び(体感計算)のよさが、しっくりときたようです。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

げんごろう式



<<家族旅行 | ホームへ | 日課表>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/770-63cdb6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。