タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

天体観測

2010.04.17(22:49) 765

山桜がちょうど見頃になり、近所の公園で桜まつりが開かれたので、あめん坊とあきあかねを連れて行ってきました。


2010041714430000.jpg


子供たちは、花より遊び。お友達を見つけて公園の中を走り回っていました。
お父さんはもちろん、花より○○○。


お花見が終わったら、あめん坊の同級生の子のおうちで天体観測会があるというので行きました。

2010041715550000.jpg日が暮れるまで、庭や田んぼを走り回って遊びました。
移動カレー屋さんが来ていて、玄米ベジカレーを夕食に食べました。2010041717360000.jpg
2010041717250000.jpgこんな大きな望遠鏡が何台もありました。

昼からは天気もよくなり、絶好の観測日和。しかし、急に冷え込んで、この時期にしてはえらい寒くなってきました。



日が暮れて、西の空にお月さんが輝きだしました。三日月より細く見えましたが、これでも四日月です。
月に合わせてくれた天体望遠鏡をあめん坊がのぞいて、
「うわーーー!」

次に、あきあかねがのぞいて、
「うわーーー!」

何何? 何が見えるの?
わくわくしながらのぞいてみるとびっくり!

のぞき込んだレンズの視界いっぱいに大きな三日月が映っていて、月のクレーターまでもがはっきりと見えます。

おもしろい!

観測会には30人ぐらいが来ていたでしょうか。望遠鏡も10台以上。
みんな、それぞれ望遠鏡を回って月を観ては興奮状態で、わいわいと賑やかです。

次第に空が暗くなって、星が輝き始めました。
次は星の観測です。
まずは土星。今、日没後最初に東南東の空に輝き始める星が土星です。

望遠鏡をのぞくと・・・・

見えました! 線のように見える輪っかを持つ土星と衛星のタイタンがレンズの中で光っていました。
望遠鏡で見ても土星は小さな光の点ですが、それでもはっきりと輪が見えて、生で観る土星に興奮しました。
土星の輪は地球から見て少しずつ見え方が変わっていくそうです。

土星を見ているうちに、星の数が増えてきました。

何台もある望遠鏡がいろんな星をとらえています。

金星は月のように少し欠けているのが見えました。地球よりも太陽に近い惑星は、満ち欠けがあるそうです。

観測会の人が、任天堂のDSの星空ナビを使って、月のそばにあるので肉眼では見えなくなっているすばるを探してくれました。スバル自動車のマークと似てるようなよく分からないような星が見えました。すばるは月と離れていれば特長があって肉眼でもよく見える星です。

北斗七星のミザールは一つの星のように見えていますが、アルコルという小さな星を連れた二重星だそうで、視力のよい人であれば肉眼でも分離してみることができるそうです。さらに、ミザールが自体がミザールBという伴星のある二重星で、それを望遠鏡で観ることができました。

南西の空にはオリオン座がありました。その左(南)の青く輝く美しいシリウス
望遠鏡で見ても、美しい青でした。


それにしても、寒い。子供たちは、体が冷えるのもなんのその。あちこちの望遠鏡をのぞき込んで会の人のお話を聞いたり、飽きてきたら、肝試しやおばけごっこをして遊んだりと元気でした。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

げんごろう式



<<沖釣り漁師のバート・ダウじいさん | ホームへ | もぐらのカモネと森のなかまたち>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/765-996faa95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。