タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

<2MX63> ダンゴム市の人口(どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題)

2010.02.11(18:53) 735

あめん坊にどんぐり問題。



小学校教員の私が自分の子供にどんぐり倶楽部の良質の算数文章問題をするのは、我が子に考える力をつけてほしいという願いは当然ありますが、もう1つの理由は、我が子にどんぐり問題を解かせることで、小学校の入門期に子供はどのようなことが分かっていて、どのようなことが分からなくて、どのように思考が成長していくのかということが手に取るように分かるからです。
どんぐりと出会った頃、糸山先生の著書を読んで理論的には理解できたのですが、それを実際にやって納得するために我が子とどんぐり問題を始めました。(もちろん自分の教室でも)
今では、我が子がどんぐり問題を解くのを詳しく見ることは、どんな研修をするより教員としての研修を深められると感じています。



あめん坊が、
「土の中の生き物の問題にして」
と言うので、選んだのは、

<2MX63>
ダンゴム市の人口は、みんなで64100人です。今、男の列1列と女の列1列に並んでもらっています。数えてみると、女が男よりも2000人多いことが分かりました。では、女の列には何人が並(なら)んでいるでしょう。


<ダンゴム市の人口は、みんなで64100人です>
だんごむ市(人口64100人)、かぶとむ市(人口わからない)、とうみん市(人口かわる)、みみず市(人口3000人)、あり市(人口4000人)、もぐら市(人口3人)は土の中でつながっているそうです。これらの市は、「市県」に属しています。だんごむ市は市県の入り口にあるので一番人口が多いそうです。

<今、男の列1列と女の列1列に並んでもらっています。数えてみると、女が男よりも2000人多いことが分かりました。では、女の列には何人が並(なら)んでいるでしょう。>
「真っ直ぐには並ばれへんから、曲がり角とかでくねくね曲がってならんでんねん」

そして「64100人」と書いた数字を見て、6万を半分にして3万、4千の半分で2千、百の半分で50と考えたようです。それから、男の2000人を女にして、
「女34050 男30050」
と書き、
「あれ? 4000人多くなる」
と言いました。

2010021115290000.jpg

そこで、次のページにお金を描いて考え直し。
64100円のお金の絵を男と女で半分に分けました。
半分で32050円。男の2000円を女に上げて、
「女34050 男30050」
「あれ? やっぱり4000人多くなる。なんでかなあ。どうしたらええのかなあ」
と言って、しばらくいろいろ考えました。
50円ずつに分けた100円をまた元に戻して女の方に入れたり、1000円を100円10個にばらしたり、男の10000円から2000円を女の方に入れたり。

「2000円をやったらやりすぎか。どうしたらええねん。」
とべそをかき始めた時、涙のちょちょ切れそうな顔がにこりとしました。
「1000円をやったらええねん!」
「女33050 男31050 こたえ33050人」
と書きました。
「数字だけと違うて、絵も書いとこうな」
と言うと、空いた所にお金で、女33050 男31050 の絵を書きました。

2010021115290001.jpg

地上にある市は、とうみん市、てんとうむ市(人口100000000人)、かい市(人口6000人)、かに市(1900000000人)だそうです。

「お父さん、1億ってどう書くの?」
「あめん坊、前に、数字の位を唱えとったやんか」
「お父さん九千九百九十九万の『九万』のところは『9』を何個書くの?」
「『一万』やったら『1』を何個書く?」
「あっ、そうか。『九万』で『9』が1個やな」
と言って、
99999999+1
を筆算にし、
「これを計算したらどうなるでしょうか」
と連続繰り上がりを楽しんで、
「100000000」
「1億は0が8個やな」
と言いました。
「なるほど。そういう1億の分かり方をするのか。子供っておもしろいなあ」
と思いました。
1億はてんとうむ市の人口だそうです。

2010021115290002.jpg

子供の思考の成長は、整理された大人の思考のように真っ直ぐには成長しません。大人もかつて子供だった頃はそうだったに違いありません。でも、そのことを覚えている大人はいくらもいません。
子供がどんぐり問題を解く絵を見ることで、大人になった自分も子供の頃はそうだったことを思い出すことができるのです。
にほんブログ村 教育ブログ 教育者(小学校)へ
にほんブログ村

げんごろう式



<<前進座「さんしょう大夫」 | ホームへ | <0MX23> ももいろの あおむしさん(どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/735-df92146a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。