タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

3が日

2010.01.03(20:36) 702

3が日はおじいちゃんおばあちゃんの家へ年賀に行ったり、初詣に行ったり、大阪の親戚の家に行ってまたいとこと遊んだりと楽しくお正月を過ごしました。

我が家のお雑煮は、黄な粉をつけて食べる大和の雑煮です。
前任校にいたとき、総合的な学習でこの「黄な粉雑煮」について調べたことを、文化庁の「お雑煮100選」に応募したら、審査員特別賞をいただきました。調べた児童3名を引率して東京まで表彰式に行き、学習の様子を児童と発表したり、当時の文化庁長官河合隼雄先生と同席してお雑煮をいただいたりしたことを思い出します。

お雑煮100選―全国から集めた伝統の味お雑煮100選―全国から集めた伝統の味
(2005/11)
文化庁

商品詳細を見る


さて、正月3日ともなると、おせち料理もちょっと飽きてきます。口にすれば美味しいのですが、高血圧の私としては体にたまった塩分も気になるところです。
それで、少し手を加えた料理を作ってもらいました。

朝のお雑煮は、おせち料理の有頭海老の殻で出汁をとりました。

お昼は、鯛茶漬けです。にらみ鯛はにらまずに大晦日の内に焼き立てを一気に食べてしまいました。残っていたのは頭と骨です。沸騰したお湯ににらみ鯛の残骸を入れると、美味しい出汁が取れます。軽く塩味をつけてご飯にかければ、身はなくとも出汁だけで十分美味しい鯛茶漬けです。

夜は、ちらし寿司です。お重に残った煮しめやかまぼこを細かいさいの目に切って、ちらし寿司にすると、子供たちにも大人気。あめん坊が具を取り出して並べ、何種類か数えていました。かまぼこ(紅白)、こんにゃく3種、人参、椎茸、蓮根、たけのこ、牛蒡、高野豆腐、それに薄焼き卵を加えて12種類だったそうです。

3が日が終わりました。

げんごろう式



<<かえでがおか農場のなかまたち | ホームへ | 大晦日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/702-7640cdc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。