タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

森へ冒険に行く

2009.11.21(20:11) 667

あめん坊、あきあかねと買い物に行ってから、時間があったので、どこかへ散歩に行こうということになりました。あめん坊がこの間から、
森のずかん (かがくのほん)森のずかん (かがくのほん)
(1982/01)
松岡 達英

商品詳細を見る

を見て、キャンプに行きたいと言っていたので、今はキャンプには行けないけど、ちょっと森へ散歩に行くくらいならいいなあと思って、
「森へお散歩に行こうか」
とたずねました。
「ぼく、りすとかきつねを見たい」
といい返事が返ってきたので、ショッピングセンターの近くの森へ行くことにしました。

そこは、ゴルフ場になりかけていたのですが、ナショナルトラストが買い取って、里山として保全しているところです。
2009112115550000.jpg

落ち葉をカサコソ踏みながら、森の奥へ入って行きます。空には三日月が、と見上げていると、大きな鳥が1羽、スーッと一直線に飛びました。追うようにしてもう1羽。オオタカでしょうか。
人気がなくて静まり返った木々の間から、風の音とたくさんの鳥の鳴き声が聞こえてきます。とても気持ちのよい明るい森です。

子供たちは、ちょっと怖くなってきたようです。
「お父さん、熊出やへんかなあ」
熊なんかいないことは分かってますが、冒険には怖さも大切です。
「大きな声でしゃべりながら歩いたら、熊から逃げていくらしいで」
「熊って、遭うたら襲いかかってくるのに、遭わへんかったら逃げていくって、なんか強いのと怖がりなのと正反対の性格が両方あって、変やなあ」
「うーん。でも、人間だって、熊がおったら逃げるけど、熊が突然襲いかかってきて逃げられへんときは、しゃあないから戦うやろ。熊も一緒違うか」
「そうやなあ」

そういっているうちに、明るく広い野原に出ました。そこでしばらく遊んで、来た道を帰ることにしました。帰りはちょっと余裕が出てきて、鳥の姿を見ようとそーっと歩いたり、どんぐりや藤の実を採ったりしながら歩きました。

今度は、テントを持ってきて、あの野原でキャンプをするのもいいかもしれません。

げんごろう式



<<ボビーとそらいろのヨット | ホームへ | What Makes Teens Tick>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/667-8ac918dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。