タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

計算の仕方と計算の意味

2009.10.25(20:13) 632

今日は風邪で1日ダウン。

先週、学校で研修があって算数の授業をどうしていくかを先生方と話していたことの中から、まとめたい考えを文にしようとしていて、ほぼできあがっているのだが、詰めの段階で足踏み状態。

夕方お風呂で温まって、芋焼酎を飲んでいると、まとめようとしていたことを、別の角度から表現する言葉が浮かんできた。

それは、
「計算の仕方が分かったということは、計算の意味が分かったということではないんだ。」
ということ。

そして、学校現場でこの2つの「分かった」が混同されているということだ。

例えば、1÷1/2(分数のわり算)の仕方が分かったということと、1÷1/2の意味が分かったということは同じではない。けれども、分数のわり算の意味を分からせることは難しいから、せめて分数のわり算の仕方だけでも分からせようとしている。

怖いのは、「2つの分かった」を分けて考えることができず混同している場合、小学校1年生のたし算からでも、計算ができていれば計算の意味が分かっていると思い込んでしまうことだ。この積み重ねは、分かっていないのにできる子を育ててしまう。

子供からすれば、分かっていないのにできることを強要される。学習が面白くないのは当たり前だ。
できるから分かっていると勘違いする子も出てくる。
意味が分かるからこそ面白いのだし、やり方を工夫しようとする。
学習が楽しいという子供を育てるには「2つの分かる」をきっちり分けて子供たちの学びを見なければならない。

げんごろう式



<<くらべる図鑑 | ホームへ | 風邪をひいた>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/632-ada66493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。