タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

社会見学

2009.10.16(21:30) 618

水曜日にあめん坊は小学校の社会見学に行きました。
駅を見学してから電車に乗って、ベビースターラーメンの工場へ行ったようです。

夕ご飯のとき、あめん坊は見てきた工場の様子を事細かく思い出して延々と話してくれました。
小麦粉をこねるところから始まって、袋詰めにされ、箱に詰められて工場から出荷されるところまで、身振りを交えて、説明してくれます。

ピタゴラ装置が大好きで、よく身の回りのもので自作しているあめん坊ですが、工場の流れ作業もそれに近いものがあったのかもしれません。もちろん、ピタゴラ装置の動力は基本的に引力だけで、工場は電力を使っているという違いはありますが。

あめん坊が、あんまり詳しく楽しそうに教えてくれるので、
「よう覚えてるなあ」
「しっかり見てきてんなあ」
「ピタゴラ装置みたいやなあ」
「おもろいなあ」
と合いの手を入れながら、ずっと聞いていました。あめん坊の頭の中では、工場で見てきた「脳内ビデオ」が再生されていたことでしょう。その楽しかった映像を身振りを交えて言葉で伝えようと必死に説明してくれました。

20分近く説明してくれたでしょうか。
その後は、お決まりの、
「ぼく、あの工場作りたいねん」
です。
「今日は粉をこねるとこ、明日は袋に詰めるとこ、っていう風に、何日かで作って、合体さしたらいいねん」
などと、計画を立てています。
さっそく厚紙を丸めて麺延ばしローラーを試作しています。ローラーに凧糸を巻きつけて、引っ張るとローラーが回るようにしています。

お風呂に入りながら、あめん坊は考えています。
「お父さん、箱が流れていくところ、何で作ったらええと思う?」
「それって、長い滑り台みたいに、細かいローラーがたくさんあるの?」
「うん」
「そうやなあ。そろばん使うたら?」
「ぼくは、自分で作りたいねん」

さて、どうなることやら。お風呂から出て、あめん坊はごそごそと材料探しをしていました。

げんごろう式



<<グラウンドゴルフ | ホームへ | 九九 2の段 かけ算の意味>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/618-0395c130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。