タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

<2MX32> クジラのマッコウ君

2009.09.24(19:54) 588

あめん坊の、今日のどんぐり問題。
自分で選んできました。

<2MX32>
クジラのマッコウ君の御飯はプランクトンです。赤いプランクトンと青いプランクトンは合計で1200匹います。赤いプランクトンは青いプランクトンの5倍だとすると、赤いプランクトンと青いプランクトンは、それぞれ何匹いるでしょう。



鯨のマッコウ君を描きました。口がやたら大きいです。

ノートのページを縦半分に分けて片方を赤、もう片方を青の場所にしました。そしてその上に「ごうけい1200ぴき」と書きました。

次に、マッコウ君の横の空いた所に、4つの四角を横に並べてかきました。位取り表のようです。1200と数字を入れました。そして、千の位の「1」を×で消して、百の位の「2」の下に「10」と書きました。

それから何かブツブツいいながら、赤と青の場所に100を○で囲んだ百円玉のような絵を書いていきました。
「青にまず100やったら、赤に・・・・」
何やら描いては線で消し、消しては描きして、青100赤500を配りました。

そのまま同じようにもう一組青100赤500を配ればよいと思うのは、大人から見た考えです。子供はいきなりそうはいきません。いろいろ自分でやってみて、そうした思考ができるようになっていくのです。

あめん坊は、続きをいろいろ配ってみては、辻褄が合うかどうかやっていました。が、まず1000を分けようとしてやっているうちに、1200の200を忘れてしまい、100ずつでは配れなくなって、100を50に分解し始めました。そしてだんだんややこしくなり始めたときに、200を忘れていたことに気付きました。

隣のページで、もう一度分け直しです。
「ああでもないこうでもない」
とブツブツ言いながら100を分けていって、
「うーーーーん」
と唸ったかと思うと、急ににやりとして、
「何や、簡単やん!」
と言いました。

「答え 赤1000びき、青200ぴき」
と書いて、答え合わせです。
「答え合わせをする前に、絵を見て確かめしたら?」
「ええねん。絶対こうやから」
「間違うとっても、泣くなよ」

答え合わせをすると、正解でした。
「やったーーー」
「えらかったなあ。よう、あきらめやんと、最後まで考えたなあ」
と言って、抱き合って大喜びしました。

げんごろう式



<<かえでがおか農場のなかまたち | ホームへ | バードウォッチング>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/588-929fa09e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。