タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

セミ

2009.08.03(19:41) 518

夕べ、ヒグラシのメスが家の中に舞い込んできました。飛んで火にいる夏の虫。
多分、すぐに死んでしまうので、あめん坊のセミコレクションに加わることになるでしょう。

ところで、セミは卵から孵化して長い間地中で幼虫として過ごします。アブラゼミなら6年だそうです。
今年鳴いているアブラゼミは2003年物ということになります。去年鳴いていたアブラゼミは2002年物です。ということは、去年鳴いていたアブラゼミと今年鳴いているアブラゼミに血のつながりがないということです。
もしどの個体も正確に6年で成虫になるのなら、6年ごとに毎年違う一族のアブラゼミが鳴いているはずです。なのに6種類のアブラゼミにならずに、毎年同じようなアブラゼミが鳴いているのは不思議だなあ。

げんごろう式



<<ようやく梅雨明け | ホームへ | 体験を通して帰納的に学習する。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/518-a3476910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。