タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

子役と表現

2009.01.06(18:44) 230

芸能界には「子役は大成しない」というジンクスがあるらしい。
子役で大成した役者はたくさんいるので、必ずしも当てはまるわけではないが、ジンクス通りの子役も多い。

昨日、歌舞伎を観た。歌舞伎では子役に、独特の一本調子のせりふ回しと、型通りのぎこちない身振りをさせる。わざとそうさせている。なぜそうさせるんだろうか。

二代目快楽亭ブラックという人は、そのブログの中で、

歌舞伎の子役はセリフに感情を入れずに一本調子でしゃべる。子役が感情を入れてしゃべったら大人の役者がどんな名演をしても食われてしまうからだという。芸に自信のない大根役者が始めたことが伝統として残ってしまっているのだ。悪い伝統なら変えればいい。福助や玉三郎だったら子供に食われることはない。子役の熱演を受けて自身の芸がもっと良くなる筈なのに、誰もそれをしようとしないのが腹が立つ。


と言っているが、それは浅はかな見方だ。
子役に表現をさせない理由は、もっと深いところにあると思う。

なぜ歌舞伎で子役に一本調子の演技をさせるのかを考えるとき、どんぐり倶楽部の幼児・児童の表現力養成に関する考えがヒントになるのではないか。
この点で、「表現力養成」に関するどんぐり倶楽部公式ホームページの言葉を抜書きしてみた。

【小学校での表現力養成が危ない理由】
何かを伝えるのに言葉(文)の練習をすれば上手になると思っている人がいる。プラトンのアカデメイアとイソクラテスの学校のことを知っているのだろうか?表現を磨くのは確かに見栄えがして格好良い。しかしそれは「入力↓消化↓オリジナル」の全てが終わってからです。そうでなければ表現(表現力の養成)は子供の持っている才能や個性を制限し、単なる誰かの「上手な猿真似」にしかならないからです。大人が求める陳腐な表現様式に豊かな子供達の表現様式を合わせなければならない必然性は全くありません。ましてや、担任の先生の好みの表現に合わせることなどあってはならないことです。評価につながるからという理由は子供には通用しません。

●危険な表現力養成:
表現すべきものを明確に持っていないときに表現力を養成することは表現形式のコピーをさせているだけであって何ら表現力の養成にはなっていない。

●今、小学校で行われている表現力養成(本当の表現力養成ではありません)は実に危険な学習方法です。感覚を鈍らせ、自分を限定し、感情を麻痺させ、相手に気に入るように自分の表現を制限する練習ですからね。

●「表現できるから分かっている」「表現できることがいいことなんだ」「表現力を養成しよう」という風潮が小学校にも出ていますが、非常に危険です。それは、「表現力を養成すること」自体が危険だというのではなく、時期的な問題です。小学校での表現力養成は才能を制限し(時には猿真似しかできないという才能破壊にまで至る)、貴重な子供の時間(味わう時間)を無駄に浪費させる危険行為だからです。食育に於ける味覚障害に相当する人為的学習障害ALDを誘発します。味わうことをさせずに料理を教えることをすればどうなるかは明白です。「同時にすれば~」はダメなんです。十分に味わいつくしてから料理方法を見せるんです。もちろん、「お遊びで」ならいいんですよ。「お遊びで」に点数や評価や正解はありません。だから「お遊びで」ならいいんです。ですが、コレが出来る人はなかなかいません。だから「やめておきなさい」というアドバイスになるんです。

●15-18(社会適応力養成):表現力・伝達力の養成や工夫はこの時期にする。

●原形イメージ:
体験を味わうことでのみ形成される。体験すればいいというものではない。味わうことが必要。感情・感覚を意識することで消化・吸収する。体験を表現させてはいけない。原形は原形のまま丸ごと持っていられるようにそっとしておく。思い出すことで何度も深めることが出来る。これを体験の反復という。何度も反復練習することでもなければ表現させて原形の切れ端を言葉や見える物にして原形を消し去ることではない。




歌舞伎で子役に表現をさせないのは、子役時代に表現を強いると才能をつぶすことがあるという、経験から生まれた知恵なのではないのだろうか。

げんごろう式



<<プラレール | ホームへ | 芝居見物>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/230-8cdd60d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。