タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

芝居見物

2009.01.05(22:28) 229

連れ合いと大阪松竹座へ壽初春大歌舞伎を観に行きました。四世鶴屋南北作の通し狂言「霊験亀山鉾」です。
着物を着て観に行きたかったのですが、諸般の事情に鑑みてスーツにいたしました(笑)。

4時開演なので、道頓堀で腹ごしらえ。幕間の食事も松竹座地下の「五風十雨」に予約して準備万端整いました。

4時間の通し狂言なので、退屈になることもあるかなあと思っていたのですが、それは杞憂に終わりました。最初から最後まで見所いっぱい。登場人物が多いのでこんがらがるところはありましたが、せりふも難しくなく、話の大筋はよく分かりました。仁左衛門演じる悪役藤田水右衛門の声に凄みがあります。敵討ちの物語なので殺し合いの場面が多いのですが、様式化されているので残忍な感じはしません。前半の盛り上がりである火葬場と棺桶の場面は圧巻です。
幕間は30分なので急いで食事。
中幕は、物語を離れて藤十郎の舞踊です。
後半、石井家の人物で残っているのは誰? って、幕間には心配しておりました。最後は敵討ちを果たすのだろうということは予想できましたが、そこに至るまでにいくつもの波乱があり目を離せません。大詰に、亀山祭の行列が伊勢音頭で花道から出てきます。これが最後の敵討ちの場面に見事につながります。敵を討ててめでたしめでたし。と同時に仁左衛門の藤田水右衛門が悪役の魅力をたっぷり楽しめた4時間でした。

げんごろう式



<<子役と表現 | ホームへ | 三びきのやぎのがらがらどん>>
コメント
新春おめでとうございます~。
わあ!もう行ってきはったんですね!
私は23日の券を取りました。
仁左衛門さま、日本の俳優の中で一番好きなんです。
あんな揃ってはる人いてはりませんよね~~。(きゃぴきゃぴ)
悪役もすてき~~(きゃぴきゃぴ)
失礼いたしました~。楽しみです♪

【2009/01/08 14:25】 | しまりす #laQrT9d6 | [edit]
仁左衛門の声、見得、しびれます。
悪役の魅力をたっぷり楽しんできてください。
【2009/01/08 23:59】 | げんごろう #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gengorough.blog36.fc2.com/tb.php/229-26e1e4a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。