タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

猿の群れ

2009.11.30(21:06) 675

日曜日のお昼から、ほたるが
「マフラーを買いたい」
と言ったので、町へ買い物に。
美しく色付いた紅葉のトンネルをくぐって進んでいますと、
2009112913290000.jpg
猿の群れが、川に渡された電話線を綱渡りしておりました。
あきあかねが、
「本物の猿、初めて見た」

それにしても、紅葉の中を進むのは、気持ちがいいです。
「きれいやなあ。何とも言えんなあ」
「お父さん、きれいって言うてるやん」
ほたるにつっこまれてしまいました。

今年は気候の関係で、特に美しい気がします。
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

待ちきれません

2009.11.30(20:48) 674

先日、あるお通夜でもらったお返しがカタログから選べるようになっているものでした。

あめん坊とカタログを見ていると、トリケラトプスの骨を掘り出して組み立てる模型を発見。申し込むことにしました。

それ以来、あめん坊は早く届かないかと首を長くして待っています。他のことが手に付かないようです。

げんごろう式



タイトル画像

トマトの味噌汁

2009.11.27(22:25) 672

先日から、冷蔵庫に余ったトマトが1つ入っておりました。うちではトマトを冷蔵庫に入れることはないんですが、ひとつだけ小さなトマトが余ってしまったので使い道を探しているうちに冷蔵庫に入ったのでしょうか。これは何か予感がありましたね。

私は以前から味噌汁について、
「どんな野菜でも味噌汁の具になるが、トマトとピーマンときゅうりは味噌汁には向かないんじゃないか」
となんとなく思っていました。

糸山泰造先生のHPに、

※補足:なぜ人は視覚イメージで考えるのか?
→理由は簡単です。人は視覚イメージ操作が得意だからです、他のイメージ操作力
とは全くレベルが異なります。簡単だからなのではなく視覚イメージ操作に一番慣れているからです。
例)イメージ操作の比較
味覚(味の足し算):人参+大根=??????:料理人はできますが子供にはできません。
嗅覚(匂いの足し算):バラの花+水仙の花=??:香水職人ならできますが子供にはできません。
触覚(触った感じの足し算):石+水=????????:これは誰にもできません。
聴覚(音の足し算):水+風=????,ド+ミ+ソ=和音:練習すれば決まった音だけはできます。
視覚(見たものの足し算):四角+三角=→□+△→◇+△→◇+▽→□+▽:誰でも色々出来ます。
→ずば抜けた得意技があるから人間は考えることが出来るのです。


と書いてあって、なるほどと思ったのですが、味覚で考えるってどういうことか、本当にできないのかを自分自身で確かめてみたくなったのです。別にそのことを確かめようが確かめまいが、そのことをできようができまいが、人生にとっちゃあちっぽけでどうってことないんですけどね。
料理を作るとき、味を想像するのって楽しいじゃないですか。

それで、身近な素材の組み合わせで、味を想像しにくい「トマトの味噌汁」をいつか試してみようと、そのチャンスをうかがっていたわけです。
すると、うちの奥さんが先にやってくれました。夕食にトマトの味噌汁。冷蔵庫の中の真っ赤に熟れた小さなトマトが、他の具材と一緒に味噌汁に入っています。食べてみましょう。
おやっ、これは・・・・、うまい!
トマトの酸味と味噌汁の塩味、旨みが適度に調和して・・・、俗なグルメ番組みたいになりそうだからやめときます。
予想外のうまさです。いけます。イタリア人にご馳走したいけど、イタリア人の友達がいない。
意外な組み合わせのこの味噌汁、また食べたいです。

げんごろう式



タイトル画像

くわずにょうぼう

2009.11.25(22:36) 671

ほたるは、期末テスト目前で、大好きな新体操の練習にも行かず、家でテスト勉強。おかげで毎日家族そろって夕ご飯が食べられます。

あめん坊は、
「今日は、今まで読んだことのない本を読んで」
と言って、この本を持ってきました。

くわずにょうぼう(こどものとも絵本)くわずにょうぼう(こどものとも絵本)
(1980/07/31)
稲田 和子

商品詳細を見る


今までだったら、こんなお話を怖がって泣き出していたところですが、ちょっとは強くなったんでしょうか。

げんごろう式



タイトル画像

√2

2009.11.23(21:22) 670

あめん坊、たまたま見ていたテレビの「日本語であそぼう」で、√2が出てきたらしくて、盛んに、「√2って何?」って聞いてきます。
お姉ちゃんに聞いたら、「まだ習ってない」と言われました。
「お父さん教えてよ」
教えるまで気が済みそうにありません。お風呂でも聞いてくるので、お風呂の壁のタイルを見ながら、
「√2はな、難しいけど、タイル2枚で真四角を作れた人には分かるらしいで。タイルは切ってもええから」
と言うと、あれこれ考えていました。
「昔の人は、何年もかかって見つけたらしいから、ゆっくり考えて」
これでちょっとはおさまりそうです。

あめん坊は今日もこの本を持ってきました。
ボビーとそらいろのヨット―カエデのもりのものがたりボビーとそらいろのヨット―カエデのもりのものがたり
(1995/11)
マーガレット バーディック

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

スイートポテト

2009.11.23(20:30) 669

近所のおっちゃんが、畑で採れたさつまいもをくれました。
それで、子供たち3人が3時のおやつにスイートポテトを作りました。
2009112316560000.jpg
お父さんは、寝転んで本を読んでいると、うとうと・・・・
3人でわいわい言いながら作ったようです。

げんごろう式



タイトル画像

ボビーとそらいろのヨット

2009.11.22(18:00) 668

2~3日前に来た童話館ぶっくくらぶの配本。
あめん坊は、この本の絵が気に入ったそうです。舞台はちょうど昨日行ったような秋の森です。

ボビーとそらいろのヨット―カエデのもりのものがたりボビーとそらいろのヨット―カエデのもりのものがたり
(1995/11)
マーガレット バーディック

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

森へ冒険に行く

2009.11.21(20:11) 667

あめん坊、あきあかねと買い物に行ってから、時間があったので、どこかへ散歩に行こうということになりました。あめん坊がこの間から、
森のずかん (かがくのほん)森のずかん (かがくのほん)
(1982/01)
松岡 達英

商品詳細を見る

を見て、キャンプに行きたいと言っていたので、今はキャンプには行けないけど、ちょっと森へ散歩に行くくらいならいいなあと思って、
「森へお散歩に行こうか」
とたずねました。
「ぼく、りすとかきつねを見たい」
といい返事が返ってきたので、ショッピングセンターの近くの森へ行くことにしました。

そこは、ゴルフ場になりかけていたのですが、ナショナルトラストが買い取って、里山として保全しているところです。
2009112115550000.jpg

落ち葉をカサコソ踏みながら、森の奥へ入って行きます。空には三日月が、と見上げていると、大きな鳥が1羽、スーッと一直線に飛びました。追うようにしてもう1羽。オオタカでしょうか。
人気がなくて静まり返った木々の間から、風の音とたくさんの鳥の鳴き声が聞こえてきます。とても気持ちのよい明るい森です。

子供たちは、ちょっと怖くなってきたようです。
「お父さん、熊出やへんかなあ」
熊なんかいないことは分かってますが、冒険には怖さも大切です。
「大きな声でしゃべりながら歩いたら、熊から逃げていくらしいで」
「熊って、遭うたら襲いかかってくるのに、遭わへんかったら逃げていくって、なんか強いのと怖がりなのと正反対の性格が両方あって、変やなあ」
「うーん。でも、人間だって、熊がおったら逃げるけど、熊が突然襲いかかってきて逃げられへんときは、しゃあないから戦うやろ。熊も一緒違うか」
「そうやなあ」

そういっているうちに、明るく広い野原に出ました。そこでしばらく遊んで、来た道を帰ることにしました。帰りはちょっと余裕が出てきて、鳥の姿を見ようとそーっと歩いたり、どんぐりや藤の実を採ったりしながら歩きました。

今度は、テントを持ってきて、あの野原でキャンプをするのもいいかもしれません。

げんごろう式



タイトル画像

What Makes Teens Tick

2009.11.19(22:07) 665

アメリカのタイム誌に掲載された米国立衛生研究所のジード博士(Jay Gied)の記事を読みたいのだけれど、私の英語力では全く歯が立たない。

What Makes Teens Tick(タイム誌)

What Makes Teens Tick(同記事全文)

What Makes Teens Tick(自動翻訳)

感情を理解できない自動翻訳機がけなげにがんばってますが、訳が分かりません。

誰か偉い人、こなれた日本語に訳して。

げんごろう式



タイトル画像

折り紙

2009.11.19(20:45) 666

2009111807410000.jpgあめん坊が友達にあげるんだと言って、かぶと虫やくわがた虫を折り紙で折っていました。学校へ持っていくそうです。

げんごろう式



タイトル画像

「14ひきのせんたく」「番ねずみのヤカちゃん」

2009.11.17(20:10) 663

今夜もあめん坊の布団に入って、あめん坊、あきあかねに読み聞かせ。

14ひきのせんたく (14ひきのシリーズ)14ひきのせんたく (14ひきのシリーズ)
(1990/05)
いわむら かずお

商品詳細を見る


番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)
(1992/05)
リチャード ウィルバー

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

森のずかん

2009.11.17(19:28) 664

あめん坊が、学校の図書館から面白い本を借りてきました。
この本、教員になりたての頃、好きでよく見ました。
図鑑といっても、親子でキャンプに行って、自然を観察したり、ご飯を食べたりするのを絵で表してあります。

森のずかん (かがくのほん)森のずかん (かがくのほん)
(1982/01)
松岡 達英

商品詳細を見る

「お父さん、ぼくこんなんしたい」
「うん。うちにもテントがあるからな。でも、もう寒くなってきたからなあ」
「じゃあ、来年の夏に行こうな」

随分気が長いです。もう、木枯しが吹くくらい寒くなってきたけど、キャンプが恋しくなってきました。

げんごろう式



タイトル画像

「こぶじいさま」「かぐやひめ」

2009.11.16(22:30) 662

歯を磨いたら、絵本を読もう。
「今日は、昔話がええな。でも、昔話って怖いやつがあるから」
とあめん坊が言ってあきあかねと一緒に選んだのが、この2冊。

3人であめん坊の布団に入って読みました。
こぶじいさま(こどものとも絵本)こぶじいさま(こどものとも絵本)
(1980/07/01)
松居 直

商品詳細を見る

「昔話って、おばあさんに言われて失敗するの多いなあ」
そうですね。うまくいった人の真似をして失敗する話は、「したきりすずめ」「はなさかじい」「にぎりめしごろごろ」と他にもたくさん。落語にも「時うどん」をはじめ「青菜」「阿弥陀ヶ池」など、多いです。

かぐやひめ (復刊・日本の名作絵本)かぐやひめ (復刊・日本の名作絵本)
(2002/04)
円地 文子

商品詳細を見る

「『大納言』ていう名前、すごいなあ」
時代がかった響きがあるということでしょうか。

げんごろう式



タイトル画像

<1MX94> 全校CD飛ばし大会

2009.11.16(21:02) 661

あめん坊は、
「お父さん、『か』から始まる問題を選んどいて」
と言いましたが、そんな問題は見当たりません。
「『日』から始まる問題は?」
それもないので、この問題を選びました。

<1MX94>
今日は全校CD飛ばし大会の日です。50人が一緒に飛ばします。上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度2倍でした。5人の記録を合わせると300mになりました。下位2人の差を4mとすると最下位は何mになりますか。


50人を○で1列に並べて描きました。横に並べたので、ページをめくって4ページ目までいきました。全部数えて50人になっているか確かめていました。

上位3人と下位2人を並べてCDが飛んだ距離を適当な長さの線で描きました。そして、下位2人の差4mを描き入れました。

次に、「上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度2倍でした。5人の記録を合わせると300mになりました」というところを考えているようです。
しばらく絵とにらめっこして、下位に「100m」、上位に「200m」と書きました。

さて、下位2人の合計が100mと分かったので、次は2人の差を4mにして分けます。
あめん坊は、半分の50mから4mをひいた46mと考えて、確かめの筆算をしましたが、96mになってしまいます。
「あと4m足りやんなあ」
とつぶやいて、ニヤッと笑いました。この笑いは、答えが分かったときの顔です。
4mを半分にして、さっきの46mに足して、48m。確かめをすると100mになりました。

答えは「48m」
きょうも、よく考えました。

げんごろう式



タイトル画像

<0MX10>  みずいろのえのぐ

2009.11.16(20:25) 659

あきあかねは、下の歯がぐらぐらし始めました。歯の生え変わり始めというのは幼児期から児童期への変わり目でもあります。

<0MX10>
 みずいろのえのぐを 1ぽんつかうのに がようしを 6まいつかいます。きょうは みずいろのえのぐを 4ほんもつかっていいそうです。みずいろのえのぐを みんなつかってしまったとき、 なんまいのがようしを つかうことに なるでしょうか。



絵の具のチューブを1本描いて、四角い画用紙を6枚描きました。
絵の具のチューブを後3本描きました。

その6枚全部に丁寧に細かい絵を描きました。全部違う絵です。1本目の絵の具がなくなりました。
また画用紙を6枚描いて、
「描くことがなくなってきた」
なんて言いつつ、全部に絵を描きました。
こうして、4本目のチューブを使い終わるまで、全部の画用紙に絵を描きました。最後の方は、なんか模様みたいなのを描いてましたけどね。

それで、画用紙の数を数えて、
「24枚」
と答えました。

げんごろう式



タイトル画像

アノマロカリス

2009.11.15(20:52) 658

冷たい風が吹いて寒いですが、縁側のガラス戸を閉めたままにしておくと、お日様が差して暖かいです。

お昼から、あめん坊とあきあかねは暖かい縁側でずっと仲良く遊んでいます。お父さんも寝転んで読書。ちょっと台所へコーヒーでも飲みに行こうかとすると、
「お父さん、どこへ行くの?」

別に、一緒に遊んでいるわけではないのですが、同じ空間にいるのがいいようです。

ポリバケツの中の洗濯ばさみをごちゃごちゃいじっているなあと思っていたら、あめん坊がこんなのを作りました。
2009111516270000.jpg仮面ライダーに出てくる、古代エビ<アノマロカリス>だそうです。

口とはさみを自慢してくれました。
  
  

げんごろう式



タイトル画像

「とてもすてきなわたしの学校」「どうながのプレッツェル」

2009.11.12(22:35) 656

あめん坊は今日まで出席停止でお休みでした。
「明日学校へ行くの久しぶりやから、なんか恥ずかしいなあ」
と言っています。みんなと顔を合わせたときのことを想像して照れるんでしょうね。

担任の先生が届けてくれた漢字練習は「弱」と「古」でした。
「どっちも送り仮名に『い』が付くなあ。お父さん、送り仮名に『い』の付く言葉の言い合いしよう。ぼくからいくで。『弱い』」
父「強い」
あ「古い」
父「『新しい』。あっ、『しい』はあかん?」
あ「ええよ。最後が「い」やからな。ほんだら次ぼくな。『大きい』」
父「小さい」
あ「太い」
父「『細い』。お父さん絶対勝ちそうな気がしてきたわ」
あ「ちょっと、お父さん、順番変えよ。お父さんから先に言うて」
父「よっしゃ。うーんと、『痛い』」
あ「・・・『かゆい』」
父「やかましい」
横からあきあかねが、「静かい」
そんな言葉はありません。ワハハハハ。チャンチャン。

今夜の読み聞かせは、あきあかねはこの本。あきあかねは、明日、就学前健診です。来年行く小学校がこんな楽しい学校だったらいいのにな。
とてもすてきなわたしの学校とてもすてきなわたしの学校
(1999/10)
ドクター・スースJ・プレラツキー

商品詳細を見る


あめん坊は、この本を持ってきました。
どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1978/10)
マーグレット・レイ

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

馬と読み聞かせと同時は無理だ

2009.11.11(22:20) 655

「お父さん、馬になって」
最近あきあかねのお気に入りの遊びですが、馬にとっては大変なんです。
「頭をピッて押したら前へ進んでや。耳引っ張ったらそっちへ曲がるねんで」
それ、膝が痛いねん。その場で前後上下左右にゆさゆさ。なんだか思いと思ったら、ほたるまで乗っているではありませんか。
「おい、中学生がする遊びかよ」
中学生だってなんだって面白いものは面白いんでしょうけど、馬は疲れるのです。

「お父さん、もう寝る時間や。絵本読んで」
と、あめん坊がやってきました。
「よし、あきあかねも一緒に読んだろ」
「いらん。私は馬の方がええ」
「しゃないな。ほな、馬しながら本読んだるわ」
これは、無理でした。

「じゃあ、もうすぐ寝る時間やから、本読もうか」
「あかんで。私が先に馬してたもん」
あきあかねは、まだ馬に満足していないようです。満足するまで馬をするって、どれだけしないといけないのでしょう。ハハハ(汗)。

あめん坊の布団まで来て、
「もう馬は終わり。あきあかねも一緒に読も」
もっと馬してと言うあきあかねをなだめすかして、一緒に本を読みました。

「この本、面白いねん」と言って、今日もあめん坊はこの本を持ってきました。
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
(1973/09)
加古 里子

商品詳細を見る


読み終わって、
「ほな、あきあかね、お布団まで馬で連れて行ったろ」
「やったー」
ちょっと遠回りして、布団まで連れて行きました。
「おやすみなさい」

げんごろう式



タイトル画像

張子の虎

2009.11.10(22:57) 654

新型インフルエンザで出席停止のあめん坊ですが、すっかり元気になりました。
今日は、ちゃぐりんという雑誌を見て、張子の虎を作るんだと、半日がかりで作っていました。

新聞紙を折り、ホッチキスでとめて骨組みにし、水溶きの木工ボンドで新聞紙を貼っていきます。

2009111019310000.jpg

今日はここまで。乾かしてから明日色付けをするそうです。

げんごろう式



タイトル画像

からすのパンやさん

2009.11.09(22:30) 653

あめん坊は今日もこの本をもってきました。

レオンくんは、「毎回、全部のパンの名前を読むのかと思ったら笑いがこわばってた~~」そうです。

子供はあのページがとても好きなのですが、読む方は大変です。子供たちは、絵を見るだけではだめで、必ずパンの名前を読まないと気が済みません。

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
(1973/09)
加古 里子

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

出席停止 学校閉鎖

2009.11.09(22:06) 652

先週の土曜日に参観会があったので、今日はその代休。
あめん坊は新型インフルエンザのため出席停止、ほたるは学校閉鎖、あきあかねも登園を見合わせ、みんな家にいます。お母さんは仕事です。

平日だし、ほたるには家庭学習の課題もいっぱい出ているので、それなりに過ごしましょう。
みんなで朝ご飯を食べて、あめん坊は熱が下がったけど午前中休養。あきあかねはお遊び。ほたるは家庭学習。お父さんは台所の片付けが終わったら勉強。
ほたるは、水曜日まで学校閉鎖なので、今日中に全部課題をしてしまう魂胆です。50分くらいすると集中が切れるので、10分休憩。なんだか学校みたいです。

お昼前、ほたるがお昼ご飯を作りたいというので、任せました。ほうれん草とベーコンのクリームスパゲティです。ほたるがクリームソースを作ったことがあるのと冷蔵庫の余り物とを考えてこのメニューになりました。ほたるは、自分のレシピ帳を持ってきたものの、「だいたいでいいや」と大雑把に作っています。お父さんは材料集めとパスタ茹で係です。
12時過ぎには出来上がり、みんなで食べました。ちょっと塩加減が薄かったですが、これはパスタ茹で係のせいということにしておきましょう。

お父さんが台所の片付けをしている間、子供たちはお昼休みでテレビを見ています。片付けが終わっても、まだ、だらだらとテレビを見続けそうだったので、校内放送の真似をして、
「これから掃除です。すみずみまできれいに掃除をしましょう」
と言ってみんなで掃除をしました。

掃除が終わったら、午後の勉強です。あめん坊も元気になったので、宿題プリントをしました。ほたるはもう課題が終わってしまいそうです。

3時におやつを食べたら後は自由時間。みんな好きなことをして過ごしました。

お父さんは、5時過ぎからぼちぼち夕食の準備。土鍋に昆布で出汁をとり、お酒、塩、醤油で味をつけて冷蔵庫の余り物をざくざくと入れていきました。なんだか最近、余り物を組み合わせて適当に料理を作るのがとっても上手になった気がします。

お風呂の湯が入った頃、お母さんが帰ってきました。

げんごろう式



タイトル画像

からすのパンやさん

2009.11.08(21:25) 650

あめん坊の熱は下がり、元気になりましたが、まだうつる可能性があるのであきあかねとは遊べません。2人とも遊びたくて仕方なさそうです。

あきあかねは、この間あめん坊にこの本を読んでいたのを聞いていたのでしょうか。
「絵本を読んだげるわ」
と言うと、
「『からすのぱんやさん』がいい」
と、もってきました。
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
(1973/09)
加古 里子

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

お父さん問題出して

2009.11.08(20:48) 651

あきあかねが、近頃、
「算数の問題出して。足し算とか。私、算数大好きやねん」
と言います。お兄ちゃんが足し算をしているのを見て、同じことをしたいようです。

「おいおい、今から足し算できたら、小学校へ行って、何を習うの?」
あんまり早く、「2+3=5」なんていう計算ばかりできるようになってもよくないですから。
好きなことして遊んでるのが一番なんですけど。

計算式というのは、簡単な式であっても抽象論理ですからね。この時期には、身近で具体的なことを整理しないであれこれとやった方がいいです。


「あきあかね、お風呂に入るぞ」
「問題出してくれやな入らへん」
「よっしゃよっしゃ。出したるから入ろ」
あきあかねは、大きく広げた片手を出して、
「5こ出してや」
と言いました。

湯舟に浸かって、保育園のことや家族のことを思い出させ、お話の問題を作りました。


ひとつ目
保育園にぶらんこがいくつある? 「2つやで」 ぶらんこに乗りたいお友達が6人いてるねんけど、仲良く2人ずつかわりばんこに乗っていったら、みんな乗るまでに何回交代したらええかなあ。

「3回」
パチパチパチ・・・・・
「何でか教えたろか。お父さん指貸して。こっち(左)3にして、こっち(右)も3にして、両方から1人ずつ乗っていったらええやろ」
「なるほどなあ」



ふたつ目
保育園には一輪車が何台あるの? 「えーっと、12台かな」 じゃあ、お友達が7人一輪車に乗って遊んでいます。残っている一輪車は何台あるかなあ?

「お父さん、指貸して」
「はいはい、どうぞ」
指で12を作ったり7を作ったりして苦心しています。
「分かった。7台」
「う~~ん、お風呂出てから絵を描こうか」
「なんでよ。7やんか」



みっつ目
くわがた君(いとこ)のおっちゃんの好きな食べ物は何? 「ゆで卵」 くわがた君のおっちゃんは、朝ご飯と昼ご飯と晩ご飯にゆで卵を1つずつ食べるそうです。月火水木金で、ゆで卵をいくつ食べるでしょうか。

あきあかねは、月火水木金を指で数えてから、
「お父さん、この手を5にしといてや。こっちは3やで」
あきあかねは、自分の両手も3ずつにし、まだ3が足りないので、たわしやタオルなども導入して、3を5つ作りました。
「これが月曜日で・・・・」
とか、ブツブツ言いながら数えていき、
「15」
パチパチパチ・・・・・



よっつ目
なあ、もうそろそろ出やへん? 「あかん。あと2つ残ってる」 ほんだらこの問題終わったらお風呂から出よな。出てから後1つ出したるからな。卵パックって卵が10個入るねんな。それで、毎日1個ずつ卵を産むにわとりさんが2羽いたら、卵パックいっぱいの卵を集めるのに何日かかるかなあ。

お父さんの手を使って考えています。
「5日」
パチパチパチ・・・・・
よし、お風呂出るぞ。

おーい、パジャマ着たか。いつつ目を出す前に、さっきの一輪車のお話を描いてみ。
「分かった。5台や」
パチパチパチ・・・・・



いつつ目
あきあかねはお母さんの半分だけチョコレートを食べられます。あきあかねが1個食べられました。お母さんは何個食べたのでしょう。

テーブルの上の袋入り明治3色ミニチョコを使って考えています。
横で、あめん坊とほたるが「分かった」と言ってニヤニヤしています。
突然、
「2個」
パチパチパチ・・・・・


夕ご飯の仕度ができました。

げんごろう式



タイトル画像

新型インフルエンザ

2009.11.07(20:24) 649

木曜の夕方にあめん坊が発熱。開いている病院を探して診てもらうと、新型インフルエンザの診断でした。検査では陰性が出たのですが、症状からインフルエンザと診断されました。

あめん坊、金曜日から1週間の出席停止です。
あきあかねとほたるも感染の可能性があるので登園登校を見合わせます。ほたるの中学校は土曜日から5日間の学校閉鎖になりました。
夫婦共働きの核家族というのはこういうとき大変です。病気が病気なだけに高齢のおじいちゃんおばあちゃんの家に預けるわけにもいかず、職場の理解を得て夫婦交代で休みを取るしかありません。


あめん坊は部屋にこもらされて、おとなしくしていたようです。薬が効いて熱も下がりました。

げんごろう式



タイトル画像

からすのパンやさん

2009.11.04(20:18) 648

「お父さん、最近ちょっと勉強みたいな本が多いから、楽しい本を読んで」
とあめん坊が言いました。
勉強みたいな本ってどんなの? 図鑑のことかなあ? 図鑑は自分で見てるだけでしょう。
とにかく、本は楽しいのが一番。
「楽しい本を選んでおいで」
と言ったら選んできたのはこの本でした。

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
(1973/09)
加古 里子

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

秋祭り

2009.11.03(22:06) 647

今日は地元の秋祭り。子供神輿の巡行です。10月にも秋祭りがあって、あめん坊が獅子頭をかぶったような・・・。あれは隣の地区の秋祭りで、隣の地区には子供が少ないので、あめん坊が借り出されていたのでした。今日のお祭りは、本当の地元のお祭りです。
お祭り大好きですから、お祭りのはしごです。
2009110309210000.jpg
きのうは木枯しが吹き、今日は朝からものすごく冷え込みました。
あめん坊は同級生の仲良し3人で神輿に乗り込んで鳴り物を鳴らしています。

お昼前に神社で御供まきがあり、お昼はおじいちゃんおばあちゃんも来てくれて、すき焼きを食べました。

げんごろう式



タイトル画像

手打ち蕎麦 手打ちうどん

2009.11.01(22:48) 646

来週、子供会で親子料理教室をするので、お昼に手打ち蕎麦と手打ちうどんの試作をしました。

ほたるとあめん坊がうどんをこねこね、
あきあかねは蕎麦粉をこねこねしました。
2009110112010000.jpg2009110112090000.jpg

あきあかねは、なんでも自分でやりたいので、蕎麦を切るのも任せてみました。なんと、うまく切っています。

2009110112500000.jpg

茹でて出来上がり。
2009110112560000.jpg

うどんの方は、ビニル袋に入れて、足で踏み踏みしてから1時間寝かせます。

うどんを寝かせている間に、先に蕎麦を賞味。おいしいです。
あきあかねは、自分で作ったので満足そうです。
「わたし、うどんより蕎麦の方が大好き」
と言っています。もし、うどんをこねていたら、うどんの方が好きと言ったかもしれません。今日の蕎麦打ちで、一生の蕎麦好みが決定付けられたかもしれません。

さて、1時間経って、今度はうどんをあめん坊が切ります。
こちらはうまくこねたのか、表面がとてもつるつるです。

茹でて賞味をすると、これまた美味。蕎麦とは違ったうどんのおいしさがあります。
あきあかねは、
「わたしは蕎麦が好きなの!」
と言って、うどんを食べようとはしません。
「一口味見でもしてみ」
と一口だけ食べさせました。

「蕎麦とうどんとどっちがおいしかった?」
あきあかねは、自分がほとんど蕎麦を作ったので、蕎麦の方がおいしいとみんなに言ってほしいようです。
ほたるとあめん坊は、自分たちはうどんを作ったので、「うどん」と答えました。
「お父さんは?」
うどんと言うと、うどんの勝ちが決まるので、
「お父さんは、蕎麦やな」
と言いました。
「お母さんは?」
「お母さんは、どっちもおいしかった」

「ということで、蕎麦がおいしかった人は、あきあかねとお父さんとお母さんが半分で、2人と半分。うどんがおいしかった人は、ほたるとあめん坊とお母さんが半分で、これも2人と半分。結果は、引き分けでした」


蕎麦粉は、産地によって個性があって、それに合わせて打たないといけないので、難しいです。
来週の子供会には、手打ちうどんをすることにしました。

げんごろう式



2009年11月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 猿の群れ(11/30)
  3. 待ちきれません(11/30)
  4. トマトの味噌汁(11/27)
  5. くわずにょうぼう(11/25)
  6. √2(11/23)
  7. スイートポテト(11/23)
  8. ボビーとそらいろのヨット(11/22)
  9. 森へ冒険に行く(11/21)
  10. What Makes Teens Tick(11/19)
  11. 折り紙(11/19)
  12. 「14ひきのせんたく」「番ねずみのヤカちゃん」(11/17)
  13. 森のずかん(11/17)
  14. 「こぶじいさま」「かぐやひめ」(11/16)
  15. <1MX94> 全校CD飛ばし大会(11/16)
  16. <0MX10>  みずいろのえのぐ(11/16)
  17. アノマロカリス(11/15)
  18. 「とてもすてきなわたしの学校」「どうながのプレッツェル」(11/12)
  19. 馬と読み聞かせと同時は無理だ(11/11)
  20. 張子の虎(11/10)
  21. からすのパンやさん(11/09)
  22. 出席停止 学校閉鎖(11/09)
  23. からすのパンやさん(11/08)
  24. お父さん問題出して(11/08)
  25. 新型インフルエンザ(11/07)
  26. からすのパンやさん (11/04)
  27. 秋祭り(11/03)
  28. 手打ち蕎麦 手打ちうどん(11/01)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。