タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

餅つき

2008.12.30(17:30) 223

朝からお餅つきです。本当は臼と杵で一大イベントとしたいところですが、餅つき器で楽チンにいきます。
子供たちは、丸めるのを手伝ったり、蒸し上がった糯米のおにぎりや搗きたてのお餅をおいしそうに食べていました。

その後、あめん坊が、
「お父さん、何の子供を作ってほしい?」
と言うので、
「えーっと、かまきり」
と言うと、かまきりや、そのほかいろんな生き物の子供を作ってくれました。子供なのでとても小さいです。木目と比較すれば分かります。
08-12-30_14-18.jpg08-12-30_14-19.jpg08-12-30_14-20.jpg
かまきりの卵から
孵った幼虫
こうもり海亀とざりがに
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

デンタくん どんぐり問題 視考力

2008.12.30(08:33) 216

この間の、大阪講演会実行委員会で、デンタくんのことが話題になりました。

あれから、デンタくんのことを考えていました。デンタくんとは何か? ということです。
デンタくんの開発者はどんぐり倶楽部を主宰している糸山泰造先生です。
子供の発達と脳の思考の観点から、デンタくんについて考察してみたいと思います。これは、私見ですので、間違っていたり糸山先生の意図からずれていたりするかもしれません。
お読みになった方は、ご意見をお寄せください。



そろばんを習ったことがある人は、頭の中にそろばんの像を想いうかべ、その像を実際のそろばんと同じように動かして計算する珠算式暗算を経験したことでしょう。

将棋の上手な人の頭の中には脳内将棋盤というのができていて、そういう人が2人いれば言葉で駒の動かし方を伝え合うだけで実際の将棋盤がなくても将棋ができるそうです。

ある物書きの人は、脳内に想いうかべた400字詰め原稿用紙に字を入れて文章を書く修行をしたということを、昔、何かの本で読んだことがあります。

これらの例は、特別な能力を持った人でなくても訓練すればできるようになるようです。大人になってからよりも、小学生くらいから始めた方が楽にできると思われますが、それについて詳しく研究した文献があるかどうかは調べてみないと分かりません。


デンタくんも、これらの例と同じように脳内にデンタくんの像を想いうかべて操作し、1桁同士の足し算とその逆の引き算をするものです。なので、別にデンタくんそのものでなくても指20本(手4つ)のイメージであれば自分独自のイメージでもいいわけです。
珠算式暗算とデンタくんはどちらも計算に使うものですが、珠算式暗算が桁数を増やして全ての計算ができるようにすることを目指すのに対して、デンタくんは1桁同士の足し算とその逆の引き算に限定して使います。加減の筆算はデンタくんで、乗除の筆算も九九(どんぐりでは三角視算表)を合わせて使えば全て可能だからで、算数・数学教育全体を見通したときに、筆算を基本とする方がよいという考えです。
珠算式暗算でも実物に熟達してから、導入時には補助的に指を空で動かして暗算をするように、デンタくんを導入する前には、指で数を体感しておくこと(体感計算)が準備となります。
珠算式暗算と比べてデンタくんの優れているところは、指のイメージを使うことです。人類は指を使っていたので数という概念を獲得でき、十進法を使っています。指で数を体感することが子供にとって一番自然でよいことなのです。
それに、1桁同士の足し算とその逆の引き算限定なので、どの子供も負担なく身に付けることができます。仮に、デンタくんのイメージ化が難しい子供がいたとしても、指折り算ビジュアル筆算を使えばいいだけのことです。


糸山先生は開発後暫くの間、デンタくんを封印されていました。
それは、教育の目指すところが、上記のような用法を限定したイメージの使い方ではなく、特別な用法に限定しない万能のイメージ操作力すなわち思考力(視考力)を育てることだからです。
どんぐり倶楽部には、特別な用法に限定しない万能のイメージ操作力すなわち思考力(視考力)を育てるのに「良質の算数文章問題」が用意されています。
そろばんや将棋でも脳内像と共に実物を併用するように、「良質の算数文章問題」では、脳内イメージだけでなく、自分で描いた絵を視て考えます。その方がどの子も楽に考える力を身に付けることができるからです。


糸山先生がデンタくんを復活されたのは、単純高速計算練習が増加している学校教育の現状を憂えてのことです。
デンタくんを使えば数字が表す数をイメージしながら楽に計算ができ、身に付ければ忘れることもありません。
なのに、それをしないで、足し算や引き算の百ますや計算ドリルなどを使って、数字だけ(数字が表す数をイメージせずに)で答えを覚えさせようとするのは、時間と労力の無駄であり、しかも忘れてしまう子がいるのでいつまでもドリル練習を繰り返さなくてはならないことになります。もっと危険なのは、そのような徹底反復習熟は、数字が表す数のイメージを意識できなくさせ、さらには子供たちの持つ想像力(像を想いうかべる力、イメージする力、イマジネーション)を奪ってしまうことです。

教室で計算が得意な子は、デンタくんそのものは知らなくても、デンタくんと同じ原理で数をイメージして足し算引き算をしている子で、逆に計算が苦手な子は、数のイメージ化ができずにつまずいている可能性が大きいです。
であるとすれば、計算が苦手な子への手立ては、数をイメージする方法を教える(または指折り算を奨励する)ことであって、答えを全部暗記させることではないはずです。
数をイメージさせない単純高速計算大量徹底反復習熟は、できる子の想像力を奪い、できない子の数に対する気持ちを閉じさせる、子供たちにとって大変乱暴なやり方です。

小学生の時期は、数字と数のイメージを結びつけながら、そして文章問題でゆっくりと思考を楽しみながら、必要な計算をするのが、子供の本来持つ想像力を最大限に活かして思考力を身に付ける最良の方法であると言えます。

⇒デンタくん どんぐり問題 視考力の続きを読む

げんごろう式



タイトル画像

大掃除で迎えるお正月さん

2008.12.29(19:15) 222

大掃除をしました。
庭を掃き、煤払いをし、雑巾がけをしました。
子供たち3人とも、遊びながら楽しく手伝いました。

あきあかねが、
「お正月さん、来るかなあ」
と言っています。
「大掃除をして、きれいにしたら、お正月さんが来てくれるよ」
答えました。お正月さんは目には見えないけれど、きっと来てくれます。

サンタクロースは今や町中にあふれていますし、実際に手紙を送れば返事をくれたりもします。
でも、本当はサンタクロースは見えないものなのです。見えてはいけないんです。手紙をくれてはいけないんです。
サンタクロースっているんでしょうか?サンタクロースっているんでしょうか?
(2000/11/27)
東 逸子

商品詳細を見る

この絵本は、今から100年以上前、ニューヨーク・サン新聞社に寄せられた少女の質問に答えた社説で、今も世界中で読み継がれています。子供への敬意と深い含蓄を含んだこの文は、目に見えないものを信じることの大切さを教えてくれます。
「目にみえない世界をおおいかくしているカーテンは、どんな力のつよい人にも、いいえ、世界じゅうの力もちがよってたかっても、ひきさくことはできません。ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、そのカーテンをいっときひきのけて、そのむこうの、たとえようもなくうつくしく、かがやかしいものを、みせてくれるのです。」
そう、世間のクリスマス騒ぎの中で欲望を叶えることではなく、目に見えないものを信じる心をこそ子供たちに贈りたいと思います。
この絵本は、大人用ですけれどね。


さて、お正月さんは各地でいろいろな名前で呼ばれています。有名な笠地蔵やなまはげもお正月さんの一種でしょう。
うちの地域には、次のようなお話が伝わっているので、それを子供たちに語り聞かせることにします。


元旦火

 むかし、ある村に、貧乏なじいさまとばあさまがいました。
 ある年のくれのことです。じいさまとばあさまの家では、お正月がくるというのに、節季ばらいも、正月回りもできませんでした。ふたりはいろりに薪を盛んにくべてあたたまりながら、首をすくめて、ただ夜が明けるのを待っていました。
 すると夜中に、家の戸をとんとんとたたく音がしました。あけてみると、きたないかっこうをしたお坊さんが立っています。お坊さんは、
「道にまよって、こまっています。どうか、ひと晩、泊めてください。」
といいました。じいさまは、
「うちは、ごらんのとおり貧乏で、ろくに食べるものもありません。」
といって、ことわりましたが、お坊さんはすうっと家の中に入ってきました。
 お坊さんは、みずばなをすすりながら、しばらくいろりばたであたたまっていましたが、そのうち、横になりました。声をかけても返事がないので、気になって顔をのぞいてみると、お坊さんは横になったまま、死んでいました。
 じいさまとばあさまはびっくりして、どうしたらよいかこまってしまいました。
 死んでしまったお坊さんをこのままにしておけないし、お葬式をするお金もないので、ふたりはお坊さんをいろりの火で葬ることにしました。
 手を合わせて、お経をあげてから、じいさまが、
「えい。」
と、お坊さんを火に入れました。そのとたん、大きく燃え上がって、その灰は小判に変わっていました。
 じいさまとばあさまは、びっくりしましたが、大喜びして、すぐに節季ばらいをすませ、めでたく正月を迎えたと言うことです。

 それから、この村では、毎年大晦日の晩に、氏神さんの境内で大きな木を燃やしてとんどをし、村人は楮の木にもちをつけてあぶって食べながら夜明けを待つそうです。こうすると、家が栄えるといわれています。

げんごろう式



タイトル画像

どんぐり倶楽部検索

2008.12.29(09:54) 221

ブログにどんぐり倶楽部検索窓を設置することに成功しました。

どんぐり倶楽部の公式ホームページは内容が膨大な上にナビゲーションが分かりにくく、
まるで迷宮のようです。

この検索窓に自分の知りたいキーワードを入れて検索ボタンを押すと、グーグルが「どんぐり倶楽部公式ホームページ」内のキーワードが含まれたページをあっという間に探して一覧にしてくれます。

げんごろう式



タイトル画像

ほたるの年賀状

2008.12.28(22:25) 218

ほたるが鉛筆で年賀状の原画を描きました。
きれいに印刷できるように大きく描いて縮小コピーするようにしたので、縮小の倍率を計算しました。
「割合」の問題です。

原画の辺の長さと、はがきの辺の長さを測りました。
原画を元にしてはがきの長さがどのくらいかを求めるのですから、元にする長さで割れば倍率が出ます。
はがきの長さ÷原画の長さ×100=何%に縮小したらよいか
です。

計算してから、スーパーマーケットへ行き、コピー機で縮小コピーに成功しました。

げんごろう式



タイトル画像

エレクトリカルパレード

2008.12.28(21:43) 217

ディズニーランドでエレクトリカルパレードを見ました。
先頭にブルーフェアリーが小林幸子状態でやってきました。
パレードの音楽を聞いたとき、


でんでらりゅうばの歌を

歌ってしまったのは私だけではないようです。

げんごろう式



タイトル画像

歳の瀬

2008.12.27(20:10) 215

年末です。
ほたるは年賀状書きをしています。
自動車屋さんへお金の支払いに行った帰り道、ほたるとあめん坊は走って帰ると言って、寒い風の中2km以上の道のりを走って帰りました。
あめん坊は、この間乗った新幹線と渋谷の東急ハンズで見た鉄道模型を思い出して、紙で新幹線を作っています。昼から作り始め、夕方までかかって16輌の車輌を作ってつなげました。

げんごろう式



タイトル画像

冬休み補習

2008.12.26(21:48) 213

冬休みに地域の交流センターで2日間の補習があります。主に冬休みの宿題をするのですが、それでは面白くないので、どんぐり問題のプリントをいくつか作って持って行きました。

<1MX01>
あかいカメと しろいカメが います。あかいカメは しろいカメより 6ぴき おおいです。いま、かぞえたら、あかいカメは 8ひき でした。では、みんなで カメは なんびき いるのでしょう。

まず、この辺からと出した問題。4年生の子が問題を読んで解いています。
「サンタさんの問題が分かった君たちなら、この問題はらくらくでしょう」
と言うと、
「サンタさんの方が簡単やった」
という子が複数いました。

えっ! サンタさんの問題とは、

<3MX17>
サンタさんが、子ども4人に、それぞれ同じ値段のお菓子を2個ずつと、そのお菓子1個の丁度3倍の値段がする玩具を1つずつ買ってあげようと思っています。ただし、サンタさんが使えるお金を全部で8800円とすると、1個何円のお菓子と1つ何円の玩具を買ってあげればいいでしょう。

で、1度見事に絵を描いて解いています。ただし、解くのには30分以上かかりました。
カメさんの問題は、1年生の足し算引き算を使えばできる問題、サンタさんの方は、2元連立方程式で解くような問題です。

子供たちの発言に驚きましたが、そこに、絵で解くことのすごさの秘密が隠されていると気付きました。
サンタさんの問題は一度絵にしているので、その絵を覚えています。一方、カメさんの問題はまだ文を読んでいる途中で絵にはしていません。複雑なことでも絵にすれば、それよりずっと単純なことを表した文よりも分かりやすいということで、子供たちの言葉に嘘はないと思います。

げんごろう式



タイトル画像

トロの握り

2008.12.26(19:47) 212

浅草でたまたまお昼に入ったのは、
浅草うまいもん あづま
というお店。いろいろ注文して、どれもおいしかったけど、特においしかったのは鮪の握り。握りと言えば回転寿司かスーパーマーケットの寿司の詰め合わせしか知らない子供たちにとって、おいしい東京の本鮪の握りは別の物と感じられたかもしれません。
おいしかったので、クリスマスということもあり、エイッとトロの握りを追加注文。
ほたるが
「トロは、回転寿司では2重のお皿に1個だけ乗って出て来んねんで」
と喜んでいます。


そこで考えた問題

回転寿司で普通のお寿司は1枚のお皿に2つのお寿司が乗っています。ところがトロの握りは2枚重ねのお皿に1つだけ乗っています。では、トロの握りは普通のお寿司何個分の(何倍の)値段でしょうか。

今度、4年生の子に試してみようっと。

げんごろう式



タイトル画像

日本を感じるとき

2008.12.26(19:14) 211

名古屋駅の新幹線ホームで名古屋名物の駅弁(例えば味噌カツ弁当)とサントリープレミアムモルツを買い込み、東京行きの新幹線に乗る。静岡を過ぎ富士山を眺めながらの駅弁とビール。旅行のわくわく感も加わって、日本を感じます。

文句無しに秀麗な姿の富士山
世界最高水準の大量高速移動システム、新幹線
プレミアムモルツは大規模工場で作られるビールの中では世界で一番おいしいんじゃないかな
各地でご当地のおいしい食べ物を楽しめる

これらを産み出し、育ててきた大勢の人々の働きを考えたとき、これだけのものが当たり前にあるというのは、実はすごいことだったんだと思いました。

新幹線、駅弁、ビール、富士山
4つの物からどれだけイメージを拡げられるかを楽しみました。
富士山はもっとゆっくり見たかったです。

げんごろう式



タイトル画像

東京ディズニーランド

2008.12.26(18:01) 210

ほたるのたっての願いで、東京ディズニーランドと東京見物に行ってきました。

23日は近鉄特急と新幹線で東京へ。
皇居へ行くと、天皇誕生日のお祝いに各国大使の車が二重橋前に集合してから延々と隊列を組んで皇居の中に入っていくところに遭遇。大使の車の前に付いた国旗を見てあめん坊は興奮気味に国当てをしていました。
国会議事堂を外から眺めてから、東京タワーへ。全く知らなかったのですが、この日は東京タワーの50歳の誕生日。人が多すぎたので、エレベーターを使わずに600段の階段を歩いて登りました。あきあかねが一番元気に登っていました。

24日は朝一番にディズニーランドへ。物凄く大勢の人が来ていた割には、たくさんのアトラクションやショーを楽しむことができ、閉園間近まで子供たちは思う存分楽しんでいました。

25日は浅草へ。浅草寺にお参りをし、お土産を買って、渋谷へ。人で溢れかえる渋谷をぶらぶらしてから、東京駅から新幹線に乗り込み帰路に就きました。

げんごろう式



タイトル画像

コトノハ通信

2008.12.22(23:08) 214

家に帰ると、コトノハ通信の第2号が届いていました。帰るのが遅くなったので、じっくりと読むのは週末になりそうです。

げんごろう式



タイトル画像

2学期終業式

2008.12.22(22:44) 209

2学期の終業式でした。
2学期を振り返って、4年生の学級全体が精神的に成長してきたことを感じます。9歳の壁(具体思考から抽象思考ができるようになる)を越えようとしているのでしょうか。いかに越えるかが大切です。何事もゆっくり、じっくり、味わいながらを大切に、考える力をつけて9歳の壁をのり越えられるように、残りの3ヶ月がんばっていきたいです。

今日の帰りのあいさつは、
「良いお年を」
にしました。
「『良いお年を』と言われたら、『お互いに』と返事しましょうね。では、良いお年を」
と言ったら、1人の男の子が大声で、
「お大事に」
大爆笑で4年生の今年は終わりました。

げんごろう式



タイトル画像

糸山先生大阪講演会第1回実行委員会

2008.12.21(20:19) 208

大阪市中央公会堂のレストラン中之島倶楽部で糸山先生の大阪港宴会じゃなくて大阪講演会第1回実行委員会がありました。
今までどんぐり倶楽部やどんぐりをやっている方とは、ネット上でしか出会っていなかったので、実行委員会で実際に会ってお話がしたい、講演会で糸山先生にもお会いしたいと思っていました。
初めての「生どんぐり」で、最初は少し緊張しましたが(なにせ美女のお母さま方ばかりの中に親父が1人状態なもので)、どんぐりという共通の話題ですぐに緊張もほぐれました。
講演会の大まかな形が決まり、講演会に向けて動き始めました。

げんごろう式



タイトル画像

星空

2008.12.20(22:48) 207

子供会のクリスマス会がありました。
あめん坊とお父さんが参加。
あめん坊はお友達と食べたり遊んだりで楽しかったようです。お父さんは酔っ払いになったので、2人で歩いて帰りました。
帰り道、澄み渡った星空を見上げながら、手をつないで歩きます。オリオン座、冬の大三角、カシオペア座、北極星。街灯のない真っ暗なところに来ると、オリオン座の中に無数の星が現れてどれがオリオン座か分からなくなるくらいです。
顔は冷え切って冷たくなったけど、楽しい夜の散歩でした。

げんごろう式



タイトル画像

大掃除

2008.12.20(17:02) 205

今日は、天気がよくて暖かいので、子供たちは大掃除。
自分の部屋や、家の中を片付けています。

張り切ってやっているのは、23日から東京へ行って、24日にディズニーランドへ行くからです。

げんごろう式



タイトル画像

冬休みの宿題

2008.12.19(22:03) 206

ほたるが冬休みの宿題ドリルを持って帰ってきて、全部やってしまったらしいです。
で、ちょっとのぞいてみると、「単位量あたりの大きさ」がよく分かっていないようですねえ。
文章題に出てくる2つの数字を割るか掛けるかすればいいと思っているので、文章をイメージせずに立式しています。

壁を塗るのに1㎡あたり2.5デシリットルのペンキがいるとすると、8㎡では何デシリットルのペンキがいるでしょう。

という問題、2.5÷8=0.3125 なんてやっています。

「1㎡の正方形を描いてみ。その中に2.5デシリットルと書く。その正方形8個だよ」
と言うと、
2.5×8=20
と書き直したが、絵図も消しゴムで消してしまって、怒り出しました。
「ここ、分からへんねん! お父さんもう宿題絶対見やんといてや!」
と言って、ベッドに行ってしまいました。

やれやれ、難しいなあ。

げんごろう式



タイトル画像

<2MX44> ゆっくり君

2008.12.18(20:48) 204

4年生今日の宿題。
いよいよ2学期も終わりに近づきました。

<2MX44>
ゆっくり君の家からダンゴムシ君の家までは9cm離れています。ゆっくり君は3cm進むのに20分かかります。今日は途中の公園とお花畑で30分ずつお休みしてダンゴムシ君の家まで遊びに行こうと思っています。お昼の12時までにダンゴムシ君の家に着くようにするには、何時何分までに自分の家を出ればいいでしょう。

げんごろう式



タイトル画像

個人懇談

2008.12.17(19:02) 203

小学校の個人懇談に行くはずだったお母さんの帰りが少し遅くなるので、6年生の懇談だけ急遽いくことになりました。
担任の先生から2学期の学習と生活の様子を聞き、全国学力・学習状況調査の娘の個人結果をもらいました。

げんごろう式



タイトル画像

風邪

2008.12.17(12:49) 202

あめん坊が風邪を引いて夕べもどしたので、今日は学校をお休みする。1年生になって初めてのお休み。
1人で置いておけないので、一旦仕事に行った後、戻ってきて仕事に行くお母さんと交代。病院へ連れて行く。物を食べると吐いてしまうので、吐き止めの薬ももらって飲んだが、それも吐いてしまう。お昼前に飴玉をしゃぶっても大丈夫そうだったので、鯛のあらで取った出汁で雑炊を作って食べさせる。食べた後は寝かしつけた。

げんごろう式



タイトル画像

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー

2008.12.16(20:23) 201

あめん坊とあきあかね、今夜はお母さんに読んでもらいました。
あめん坊の大好きな絵本で、去年の冬は毎晩のようにこの本を読みました。「じぇおぽりす」の町の全景図で「けいてぃー」が雪かきをする場所をたどりながら読んでいくのが大好きです。ページの縁取りのけいてぃーの説明も全部読んでと言います。

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)はたらきもののじょせつしゃけいてぃー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1978/03)
ばーじにあ・りー・ばーとんいしい ももこ

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

お迎え

2008.12.16(20:07) 200

ほたるの新体操のお迎えに行きました。
帰り道、ほたるが2学期の成績の話をしてきました。テストの成績がよかったよと言っていました。
普段の単元テストより難しい、県の学力診断テストもできたそうです。
明日は個人懇談で4月の全国学力・学習状況調査の個人結果を返してくれるそうです。さて、どんな結果が戻ってくるのでしょうか。

げんごろう式



タイトル画像

「だるまちゃんとてんぐちゃん」「あおい玉 あかい玉 しろい玉」

2008.12.15(20:12) 196

風呂上りにこたつに入って、あきあかねとあめん坊に読み聞かせ。
だるまちゃんとてんぐちゃん (こどものとも傑作集 (27))だるまちゃんとてんぐちゃん (こどものとも傑作集 (27))
(1967/11)
加古 里子

商品詳細を見る

あおい玉 あかい玉 しろい玉あおい玉 あかい玉 しろい玉
(2006/04)
稲田 和子太田 大八

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

指にぎにぎ遊び

2008.12.15(19:21) 197

あきあかねが「指にぎにぎしよう」というので、お風呂に入ってあめん坊と一緒にする。
指にぎにぎとは、目をつぶらせて、指を何本か握り、握った指の合計や、握ってない指の合計を当てさせる遊びだ。
初めは2人でやっていたが、途中から握り役を2人にして楽しんだ。

げんごろう式



タイトル画像

<1MX26> でんせんがめ

2008.12.15(19:02) 195

あめん坊の今日のどんぐり。

<1MX26>
3ぼんの でんせんに でんせんがめが とまっています。1ぽんめの でんせんには 8ひき、2ほんめの でんせんには 6ぴき、3ぼんめの でんせんには 4ひき とまっています。では、まえから 4ばんめと うしろから 3ばんめの あいだに いる すべての かめを たした かずと 3ぼんの でんせんに とまっている すべての かめの かずとの さは なんびき でしょう。


電柱2本の間に電線を描きました。それぞれの電線にでんせんがめをとまらせ、前から4番目と後ろから3番目のかめに色を塗りました。
別のスペースに、間にいるかめを描き、その横に全部のかめを描いて比べました。

数字で引き算をすることの奥に、こうして数を比べることがないと、数字と数が別のものになってしまいます。数字だけを操作して計算ができるのは危険なことです。

げんごろう式



タイトル画像

貝殻

2008.12.15(18:28) 198

あめん坊が、「何が入っているでしょうか」と箱を見せてくれる。
大きな箱の中には、小さな箱が3つ。昨日食べた鮑とさざえの貝殻をきれいに洗って入れてあった。箱が3つなのは、さざえの貝と蓋を分類してあるため。

げんごろう式



タイトル画像

鯛、鮑、さざえ

2008.12.14(20:32) 199

あきあかねの保育園のお友達が家族で釣りに行って、鯛2匹と鮑、さざえをお土産に持ってきてくれました。
日曜の夕食は、鯛と鮑の刺身とさざえのつぼ焼きの豪華料理が並びました。寿司飯を炊いて、あめん坊が鯛のお寿司を握りました。寿司型に鯛を入れ上から寿司飯を詰めてぎゅっと押すと握り5つ出来上がり。あめん坊、調子に乗って寿司飯を全部握ってくれました。

さざえのつぼ焼き、途中で切れないようにしっぽ?の先までうまく抜く方法は、ねじのようにくるくると巻きながら引っ張ればいいんだよ。

げんごろう式



タイトル画像

パーティーのオードブル

2008.12.13(20:52) 193

あめん坊が一人で作ったパーティーのオードブル。全部紙です。

08-12-13_22-20.jpg

げんごろう式



タイトル画像

<2MX75>クラス対抗牛乳速飲み大会

2008.12.12(18:58) 194

4年生、今日の宿題

<2MX75>今日はクラス対抗牛乳速飲み大会の日です。カブト君は5分で10本、カメ君は5分で8本、タツノオトシゴ君は5分で6本の牛乳を飲みます。牛乳1本を100ミリリットルとすると、この3人が30分でのむ牛乳の総量はどれくらいになるでしょう。

げんごろう式



タイトル画像

「あおい玉 あかい玉 しろい玉」「とうさんねこのすてきなひみつ」

2008.12.11(23:56) 191

あめん坊とあきあかねに読み聞かせ。

あおい玉 あかい玉 しろい玉あおい玉 あかい玉 しろい玉
(2006/04)
稲田 和子太田 大八

商品詳細を見る


とうさんねこのすてきなひみつとうさんねこのすてきなひみつ
(2007/01)
メアリ・チャルマーズ

商品詳細を見る

げんごろう式



2008年12月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 餅つき(12/30)
  3. デンタくん どんぐり問題 視考力(12/30)
  4. 大掃除で迎えるお正月さん(12/29)
  5. どんぐり倶楽部検索(12/29)
  6. ほたるの年賀状(12/28)
  7. エレクトリカルパレード(12/28)
  8. 歳の瀬(12/27)
  9. 冬休み補習(12/26)
  10. トロの握り(12/26)
  11. 日本を感じるとき(12/26)
  12. 東京ディズニーランド(12/26)
  13. コトノハ通信(12/22)
  14. 2学期終業式(12/22)
  15. 糸山先生大阪講演会第1回実行委員会(12/21)
  16. 星空(12/20)
  17. 大掃除(12/20)
  18. 冬休みの宿題(12/19)
  19. <2MX44> ゆっくり君(12/18)
  20. 個人懇談(12/17)
  21. 風邪(12/17)
  22. はたらきもののじょせつしゃけいてぃー(12/16)
  23. お迎え(12/16)
  24. 「だるまちゃんとてんぐちゃん」「あおい玉 あかい玉 しろい玉」(12/15)
  25. 指にぎにぎ遊び(12/15)
  26. <1MX26> でんせんがめ(12/15)
  27. 貝殻(12/15)
  28. 鯛、鮑、さざえ(12/14)
  29. パーティーのオードブル(12/13)
  30. <2MX75>クラス対抗牛乳速飲み大会(12/12)
  31. 「あおい玉 あかい玉 しろい玉」「とうさんねこのすてきなひみつ」(12/11)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。