タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

前進座「さんしょう大夫」

2010.02.14(22:42) 736

大阪の国立文楽劇場に前進座の「さんしょう大夫」を夫婦で観劇に行ってきました。

せっかくの大阪なので午後4時の開演までに美術館にでも行こうかと、ネットで検索。大阪市立美術館の日展と、国立国際美術館の「絵画の庭」のどちらに行こうか迷いましたが、当たりだと面白そうな「絵画の庭」に行くことにして中之島へ。

糸山泰造先生の講演会の時、確か中央公会堂に美術館があったのを覚えていて、それが国立国際美術館だろうと思って行ってみると、それは東洋陶磁美術館でした。まずここに入ることにしました。
ここで面白かったのは、朝鮮時代(李氏朝鮮)の焼き物です。現代の韓国の焼き物は、高麗時代の青磁や李朝の焼き物の写しが多いです。韓国の土産物屋で売っている焼き物のオリジナルがここにあるという感じです。私は、高麗青磁よりも李朝の焼き物が好きで、ソウルの仁寺洞で買ってきた焼き物を普段使いにしていたりします。
「この模様、うちの湯飲みだ」
とか、
「この模様、うちの金魚の餌入れだ」(何ちゅうもったいない使い方!!)
とか、発見できて楽しかったです。


東洋陶磁美術館を出て、川べりを歩き、国立国際美術館へ。「絵画の庭」は当たりなのでしょうか、それともはずれなのでしょうか。答えを先に言うと当たりでした。
西洋美術の「お約束」に囚われない、なんでもありの自由さが、心を軽くしてくれました。
私が気に入ったのは、
会田誠の「滝の絵」と、花澤武夫の「太公望」です。
大作「滝の絵」は、大勢のスクール水着の少女たちが信州を思わせる山の見える大きな滝で遊んでいる絵です。爽やかな自然と健康的な少女たちの絵は、まるで現代の羽衣伝説でした。
花澤武夫は東洋的な画風ですが、小品「太公望」は、金箔の上に釣りをする白雪姫の小人を描いています。例えば大きな金屏風の大作の絵の中にこいつが隠れていたら、「ぶち壊しやなあ」と想像して笑ってしまう楽しい絵です。


さて、時間が来たので、日本橋の国立文楽劇場へ。
前進座の「さんしょう大夫」が始まりました。
物語は「安寿と厨子王」として知られています。
さまざまな日本古来の打楽器にのせて唄われる「説経節」によって中世に引き込まれていきます。
舞台セットは簡素で、能や狂言と同じように演技とともに場面を想像しながら物語は進みます。
物語の筋は珍しいものではありませんが、激しく、残酷な場面もありながら、兄弟愛、親子愛、貴賤を超えた人間愛を描く演出と演技が素晴らしかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

天満天神繁昌亭

2009.08.21(23:54) 547

20日は午前中、人間ドックで大阪へ行ったので、昼から天満天神繁昌亭へ行って、落語を聴きました。
2009082012490000.jpg
着物で行きたかったのですが、人間ドックのついでなので、病院に着物で行くのもちょっと場違いかなあと思って、普段着で行きました。
繁昌亭は今、着物で行くと1000円の大入り袋をもらえるそうなので、惜しかったですが、大好きな上方落語は十分に楽しみました。
2009082016050000.jpg

げんごろう式



タイトル画像

着物で昼食会

2009.07.18(22:46) 497

 忙しさの洪水とともに夏休みになだれ込みました。無事1学期を終えることができて、一息ついてゐます。

 今日は職場の皆さんと、親睦、慰労の昼食会で、松阪の牛銀へ松阪牛を食べに行つてまゐりました。私は幹事の会計をしてをりましたので、皆さんに楽しんでいただかうと、和装で出かけることにしました。

 上から、
09-07-18_10-59.jpg   麦藁帽子           105円(100円ショップ)
  着物(白絣の浴衣)   2300円(ネット)
  半襦袢           3000円(ネット)
  角帯            1100円(ネット)
  袴(剣道練習用)     1980円(ネット)
  頭陀袋          11500円(ネット)
  扇子              105円(100円ショップ)
  柄足袋           1575円(呉服屋)
  雪駄(去年の花火用にユニクロで買つたもの)
  道中財布           800円(ネット)
  和柄ハンカチ         300円(ショッピングセンター)

総額22765円のコーディネートです。

 ちよつと前からネットショップなどで探してそろへました。次第にエスカレートして、小物まで買ひそろへてしまひました。

 2年前にブータン王国を旅行しました。ブータンでは国民は民族衣装を着ることが義務づけられてゐます。伝統的な建築様式の建物と民族衣装を着た人たちは、大変威厳があるやうに見えました。
 以前行つたことのあるインドネシアのバリ島でも、民族衣装を着てゐる人は素敵でした。
 これが、Tシャツにジーンズといふやうな姿だつたならば、かなり印象が違つたことでせう。アジア人は(アジア人に限らずですが)民族衣装が最もかつこよく見えます。
 同じアジア人の自分も、中身はどうであれ、民族衣装を着ると立派に見えるに違ひないし、まして和服は、中年をぢさん体型にもつてこいの長所を持つてゐるので、いつか和服を着たいと思つてゐました。
 けれども、なにぶん高級和服は値段を見ると腰が引けてしまふし手入れも大変です。昔の人はみんな自分で洗濯もできないような服を着てゐたのでせうか。そんなことがあるはずがありません。
 さうだ。普段着の安物なら気軽に着られるぞとネットで探してみると、いろいろと見つかつたのでした。

 さて、朝、何とか自分で着付けることができて、待ち合はせの駅で職場の皆さんに会ふと、大受けでございました。安つぽさが、明治の書生風に見えたのか、今日1日は皆さんから「坊つちやん」とか「小生」などと呼ばれました。

 暑い日でしたが、和服は体にまとわりつかず、涼しいです。二重の意味で “ Cool!”(涼しい、かつこいい?)でせう。
 また、和服を着ると、立ち居振る舞ひが優雅になりますね。食べるときも、こぼさないやうにしつかり鉢を持つたり、左手を袖に添へて右手を伸ばしたりといふのが、自然にできるやうになります。


 さて、昼食会の松阪牛ですが、網焼きとすき焼きでいただきました。それはもう軟らかいお肉でした。私のテーブルは網焼きでしたが、あつさりと塩だれで肉のおいしさを味わひました。お隣のテーブルからすき焼きを少し分けていただき、最後はご飯の上にすき焼きを乗せて丼にしていただきました。
 実に美味しうございました。
 締めてゐた帯のおかげで、食べすぎもせず、ビールも適量楽しむことができました。

げんごろう式



タイトル画像

和太鼓

2009.06.17(23:38) 463

なんだか、脳みそがとても疲れています。体の方はそんなに疲れていないのに。
こんなときは何も考えずに体を動かしてストレスを発散するに限ります。

夜、太鼓の稽古場で太鼓の先生に稽古をつけてもらいました。
今やっているのが、組太鼓。締太鼓(甲高い音が鳴る)を左、桶胴太鼓(普通の太鼓の音)を右に置いて、腕を交差させたり、跳び上がったりしながら、3拍子と4拍子が組み合わさったリズムを激しく打ちます。
これが結構、有酸素運動で、汗びっしょりになります。
いい気分転換になりました。

げんごろう式



タイトル画像

人前で篠笛を吹く

2009.03.29(21:17) 395

私が習っている篠笛の先生と、とある特別養護老人ホームへ慰問に行ってきました。

この老人ホームは、私が初めて赴任した小学校が廃校になった跡地に建てられています。校舎は跡形もありませんが、校門の桜の木が懐かしく迎えてくれました。

篠笛は習い始めて2年ほどになります。先生が、
「人前で吹くという目標を作って練習をすると上達する」
とおっしゃって、それで初めて人前で吹くことになりました。

玄関を入ったところにあるホールに、入所されている約30名のおじいさんおばあさん方が集まってくださいました。

曲目は、
「春が来た」「さくらさくら」「涙そうそう」「もののけ姫」「故郷」「コンドルは飛んでいく」「寿」
の7曲で、お話も入れて約45分間の演奏でした。
おじいさんおばあさん方は手拍子をしたり一緒に歌ったりして楽しんでくださいました。と言っても、吹くのに精一杯で、曲の間にどんな反応があるのか見ている余裕などありませんでしたが。
先生に助けられて無事演奏が終わりました。

げんごろう式



趣味
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 前進座「さんしょう大夫」(02/14)
  3. 天満天神繁昌亭(08/21)
  4. 着物で昼食会(07/18)
  5. 和太鼓(06/17)
  6. 人前で篠笛を吹く(03/29)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。