タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

春眠暁を覚えず

2010.04.20(22:29) 1

ここ何年か、朝型生活をしている。子供たちを早く寝かせるのにそうなってしまった。
平日は9時ごろには寝て、朝4時前に起きるという生活だ。

春は夜明けがどんどん早くなる。今は5時ごろに空が明るくなり始める。

「春眠暁を覚えず」を、朝寝坊の言い訳に使う人がいるが、春は日の出が早くなるので、夜明け前に起きていた冬と同じ時刻に起きたとしても、既に夜が明けている。

朝型生活のわたしは、春眠でも暁を覚える。
夕べの激しい雨風がやんで、静かな朝に「チチチチチ」小鳥が囀っている。
青空と暖かな日の光に映えていた満開の山桜は、あの雨風で散ってしまったのだろうか。
薄明かりの中、ひんやりとした夜明けの空気を吸いながら、季節の移り変わりを感じる。

2010041714390000.jpg


春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少

このごろ、夜明けが早くなった。目覚めるころ、すでに辺りは明るく、小鳥が囀っている。夕べは雨風で荒れていたが、せっかく開いていた花がどれほど散ってしまったのだろうか。


にほんブログ村 トラコミュ 早起き同好会!へ
早起き同好会!
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

天体観測

2010.04.17(22:49) 765

山桜がちょうど見頃になり、近所の公園で桜まつりが開かれたので、あめん坊とあきあかねを連れて行ってきました。


2010041714430000.jpg


子供たちは、花より遊び。お友達を見つけて公園の中を走り回っていました。
お父さんはもちろん、花より○○○。


お花見が終わったら、あめん坊の同級生の子のおうちで天体観測会があるというので行きました。

2010041715550000.jpg日が暮れるまで、庭や田んぼを走り回って遊びました。
移動カレー屋さんが来ていて、玄米ベジカレーを夕食に食べました。2010041717360000.jpg
2010041717250000.jpgこんな大きな望遠鏡が何台もありました。

昼からは天気もよくなり、絶好の観測日和。しかし、急に冷え込んで、この時期にしてはえらい寒くなってきました。



日が暮れて、西の空にお月さんが輝きだしました。三日月より細く見えましたが、これでも四日月です。
月に合わせてくれた天体望遠鏡をあめん坊がのぞいて、
「うわーーー!」

次に、あきあかねがのぞいて、
「うわーーー!」

何何? 何が見えるの?
わくわくしながらのぞいてみるとびっくり!

のぞき込んだレンズの視界いっぱいに大きな三日月が映っていて、月のクレーターまでもがはっきりと見えます。

おもしろい!

観測会には30人ぐらいが来ていたでしょうか。望遠鏡も10台以上。
みんな、それぞれ望遠鏡を回って月を観ては興奮状態で、わいわいと賑やかです。

次第に空が暗くなって、星が輝き始めました。
次は星の観測です。
まずは土星。今、日没後最初に東南東の空に輝き始める星が土星です。

望遠鏡をのぞくと・・・・

見えました! 線のように見える輪っかを持つ土星と衛星のタイタンがレンズの中で光っていました。
望遠鏡で見ても土星は小さな光の点ですが、それでもはっきりと輪が見えて、生で観る土星に興奮しました。
土星の輪は地球から見て少しずつ見え方が変わっていくそうです。

土星を見ているうちに、星の数が増えてきました。

何台もある望遠鏡がいろんな星をとらえています。

金星は月のように少し欠けているのが見えました。地球よりも太陽に近い惑星は、満ち欠けがあるそうです。

観測会の人が、任天堂のDSの星空ナビを使って、月のそばにあるので肉眼では見えなくなっているすばるを探してくれました。スバル自動車のマークと似てるようなよく分からないような星が見えました。すばるは月と離れていれば特長があって肉眼でもよく見える星です。

北斗七星のミザールは一つの星のように見えていますが、アルコルという小さな星を連れた二重星だそうで、視力のよい人であれば肉眼でも分離してみることができるそうです。さらに、ミザールが自体がミザールBという伴星のある二重星で、それを望遠鏡で観ることができました。

南西の空にはオリオン座がありました。その左(南)の青く輝く美しいシリウス
望遠鏡で見ても、美しい青でした。


それにしても、寒い。子供たちは、体が冷えるのもなんのその。あちこちの望遠鏡をのぞき込んで会の人のお話を聞いたり、飽きてきたら、肝試しやおばけごっこをして遊んだりと元気でした。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

げんごろう式



タイトル画像

つくしん坊

2010.03.27(22:30) 757

子供たち、お昼から外で秘密基地遊びをしていたようです。
夕方、食卓にこんな物がありました。

2010032719250000.jpg

秘密基地の近くにはえていたつくしん坊です。夕食前に袴取りをしました。


お父さんは、この本が面白くて、一気に読んでしまいました。
うちの近くの村(架空の地名ですが)を舞台にした林業の小説です。

自然、仕事、林業、民俗、人間関係が一体となって、クライマックス(実際にはありえないけど)のはらはら感とその後の日常感が、爽やかな気持ちにさせてくれました。
五感を駆使した四季折々の自然の描写が、うちの周りの自然と重なります。

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る

げんごろう式



タイトル画像

冬山登山

2010.02.21(22:32) 740

日曜日、天気がいいので家族で三峰山(1235m)に登りました。

登山口のみつえ青少年旅行村から、登り2時間半、下り1時間半、往復約10kmの行程です。
リュックにはお湯を入れた魔法瓶、カップ麺、おにぎり、お菓子、ジュースを入れ、プラスチックのそりも担いで登りました。

ほたるは、毛糸の帽子をかぶって、
「これ、上村愛子に似てへん?」
とお気に入りの様子です。

子供たち、トコトコと元気に登っていきます。
初めは雪もなく、道端に霜柱ができている程度でしたが、登るにつれて雪が増えてきました。
途中、「頂上まで○○m」の標識を励みに登っていきます。最初の山小屋で3分の1、次の山小屋で3分の2が目安です。

あめん坊は、今、登山道のどの辺りにいるか、気になるようです。
「お父さん、三峰山て何m?」
「1235mやで」
「頂上まで1600mって書いてあるで」
標高と道のりを混同しているようです。
「2つ目の山小屋がだいたい3分の2やから、まだ3分の2来てへんな」
「じゃあ5分の3くらいかなあ」
「そのくらいかもね」

あきあかねは途中でおんぶとも言わず登っています。


頂上付近まで上るとこんなご褒美がありました。

2010022112590000.jpg

あめん坊は、
「入学式の時の桜みたいに咲いてるで」
と言っています。

2010022113000000.jpg

お昼過ぎに頂上に到着。条件が良いと富士山や木曽御岳が見えるそうです。今日はかなり天気がよかったのですが見えませんでした。それでも麓の村や遠い山まで見渡せました。

頂上付近の雪の上でカップ麺とおにぎりの昼食です。
あめん坊は、麺のカップが倒れないように雪で型を作り、スポッとはめ込んで自慢しています。

P1000043.jpg霧氷は空気中の水蒸気が木の枝に当たって凍り付く現象で、風上の方向にできます。

 

お昼を食べたらそり遊び。頂上から少し下りた八丁平というところへ行きました。南斜面なので余り雪がありませんでしたが、しばらくそりすべりを楽しみました。

帰りは登った道を下山。全員元気に下山できました。

みつえ温泉姫石の湯に寄って、のんびりと体を温め、疲れを取ってから家に帰りました。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

げんごろう式



タイトル画像

そりすべり

2010.01.16(17:04) 709

今日は、久しぶりにゆっくりできる休日だったので、子供たちと一緒にそり遊びに行ってきました。

プラスチックのそりを積んで車で15分ほど走ると、ちょうどいいそりすべりの丘があります。だれも遊んでいない新雪の丘を登ってそりで滑り降りてきます。

P1000032.jpg
P1000033.jpg

寒いと家にこもりがちですが、そり遊びと雪合戦を思いっきり楽しんでいました。

楽しそうだなあ。子供は楽しく遊ぶのが一番と思われた方は、
↓のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

げんごろう式



自然
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 春眠暁を覚えず(04/20)
  3. 天体観測(04/17)
  4. つくしん坊(03/27)
  5. 冬山登山(02/21)
  6. そりすべり(01/16)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。