タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

家族旅行

2010.05.05(16:44) 771

2日(日)の夕方から車に乗って家族旅行で、京都府下丹波地域にある知人宅に2泊させてもらいました。

連休の渋滞を避けて、混んでなさそうな地道や高速を走り、夜9時前に知人宅に着きました。

3日(憲法記念日)は、ほたるとあきあかねを連れてドライブ。あめん坊は知人宅にいたいと言うのでお母さんと一緒にいました。

はじめに、舞鶴赤れんが博物館へ行きました。世界の煉瓦の歴史が分かったり、日本の赤煉瓦の近代建築が紹介されていたりしました。なるほど。万里の長城も煉瓦でできているのか。言われてみればそうだなあ。それから、ありました。赤煉瓦の大阪市中央公会堂。やはり、実際に行った場所は思い出してよく分かります。
目の前の東舞鶴港は軍港としてできた港で、この日は祝日だったのでどの自衛艦も派手に満艦飾でした。
1年に1回くらいしか海を見ない奈良県民は海が見えるだけで、
「うわー」
と声を上げます。

舞鶴港とれとれセンターでお昼を食べて、天橋立へ向かいました。
丹後国風土記には、いざなぎのみことが天に登るためのはしごが倒れて天橋立になったという言い伝えがあるそうです。そのはしごの先に当たる場所から高速ボートに乗ってはしごの根元に当たる場所へ、天橋立の砂嘴を眺めながら、と言うよりものすごいスピードで移動しました。渡ると、由緒ある神社があって、お参りしてからすぐ横のケーブルカーで高台の笠松公園に登りました。
登ってみると、天橋立が「天人女房」か「ジャックと豆の木」のように、天に登っていくはしごのように見えます。
有名な股のぞきをすると、おっと、これは逆に自分がはしごを天まで登ってきて下界を見下ろしているようです。
帰りはリフトに乗って下りました。

3日夜は知人宅でご家族と夕食。4世代8人家族にうちの家族5人が加わって楽しみました。

4日(みどりの日)の朝、うつらうつらしていると、なぜか仕事のことでいい考えが浮かんできたので、ノートに書き出していくと、連休明けに提案する本年度研修計画の基本構想が小1時間で一気にできあがりました。前々から考えていたことなのですが、旅行中で何の資料もなかったのにA5版ノート10ページほど書けました。

その日は、知人宅でのんびり。雑木が多い周囲の山は若葉が萌え始め、田植えの始まった田んぼには糸とんぼが飛び、蛙の合唱が聞こえます。屋敷の隅の小さな祠、家の中にも仏壇や神棚のほかにそこここにお札が貼られている田舎家。絵に描いたように何もなくてのんびりした田舎です。
裏山に道が続いていたので散歩しました。気持ちのよい天気に明るい雑木林。いろんな小鳥の鳴き声が聞こえ、時々姿を見せてくれます。朴、棕櫚、榊、梻、人々が暮らしに生かしてきた木々があります。虫が群れになってブンブン飛んでいます。なんだろうと思ってよく観ると、野生の日本蜜蜂の群れでした。蜜蜂はおとなしくて何匹かは服にとまったりしましたが静かにしていれば刺すことはありません。雑木林は原生林と違って人の手が入っていますが、植林した山よりも自然が格段に多様です。

お昼寝をしてから、夕方、ご家族にお別れをして帰路につきました。
丹波立杭の陶の郷に寄って買い物。子供たちはカップやちょっと大きめの普段使いの茶碗を買っていました。渋いです。

三田で焼肉を食べ、混んでいる中国道を避けて有馬から神戸市内へ。夜景の美しいハーバーハイウェイから湾岸線を走りました。
日が暮れて「夜景を見よう」と神戸に向かう途中あめん坊が、
「太陽が沈むやつ、日が暮れたからもう見られへんの?」
と言いました。何のこっちゃろとよく話を聞いてみると、「やけい」という言葉を「夜の景色」ではなく「夕焼け」のことと思っていたみたいです。
三宮の街の空気、におい、そびえる高層ビル、美しい神戸の夜景に子供たちは大はしゃぎでした。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

伊勢へ

2009.09.13(22:33) 577

伊勢市のサンアリーナで開かれる世界新体操選手権の決勝をほたるが観に行くことになっていたので、今年の夏休みは家族でどこへも行かなかったことだし、前日の土曜日から伊勢方面へ家族旅行に行くことにしました。
土曜日の夜に用事があったお父さんを残して、家族は12日のお昼前に電車で出発。鳥羽水族館を見て、伊勢市内で泊まったようです。ホテルでテンションが上がって、ベッドの上でトランポリンをしている子供たちの様子が目に浮かびます。
2009091309590000.jpg
お父さんは、日曜日の朝から車で伊勢へ。家族が泊まっているホテルへ迎えに行って合流しました。子供たちが喜んでいた、ホテルの部屋から見える電車の車庫です。

 

午前中は、おかげ横丁で日本太鼓祭を見ました。
2009091310490000.jpg
人だかりで見るのが大変でした。太鼓好きの私としては、もう少し見たかったのですが、子供たちはソフトクリームや唐揚げやおもちゃの店に興味があったようです。


おはらい町でお昼を食べて、ほたるとお母さんをサンアリーナに車で送ってから、あめん坊、あきあかねと一緒に二見シーパラダイスへ行きました。
2009091315420000.jpgここは鳥羽水族館より小さいのですが、海獣とふれあえるので、小さい子供にはこちらの方が楽しいかもしれません。

アシカショーを見たり、いるかとキャッチボールをしたりできますが、圧巻はセイウチやミナミゾウアザラシが間近で見られるショーでした。
どのくらい近いかというと、触れるくらいです。セイウチがバランスを崩して倒れてきたら下敷きになってつぶされそうです。

あめん坊とあきあかねはコミカルな海獣たちの動きを十分に楽しんでいました。

閉館後、二見ヶ浦がすぐそばなので、歩いていきました。
本物の海は1年に数回しか見ないので、二人とも喜んでいます。
2009091317230000.jpg
「お父さん、海の波って、海で鯨とかの動物が泳ぐから起こるねんなあ」
「うーん、そうかなあ?」
なんて言いながら、夫婦岩へお参りして、帰りにちょっとした砂浜へ下りて遊びました。


ほたるとお母さんを迎えにいってから、帰る前に食べた夕食は、伊勢うどんでした。

うどんと言えば讃岐うどんというこのご時世に、天邪鬼な私は、伊勢うどん派です。伊勢に来ると、必ず食べて帰らないと気が済みません。
 
2009091318260000.jpg


 帰りの車中、子供たちはぐっすりと眠っていました。

げんごろう式



タイトル画像

トロの握り

2008.12.26(19:47) 212

浅草でたまたまお昼に入ったのは、
浅草うまいもん あづま
というお店。いろいろ注文して、どれもおいしかったけど、特においしかったのは鮪の握り。握りと言えば回転寿司かスーパーマーケットの寿司の詰め合わせしか知らない子供たちにとって、おいしい東京の本鮪の握りは別の物と感じられたかもしれません。
おいしかったので、クリスマスということもあり、エイッとトロの握りを追加注文。
ほたるが
「トロは、回転寿司では2重のお皿に1個だけ乗って出て来んねんで」
と喜んでいます。


そこで考えた問題

回転寿司で普通のお寿司は1枚のお皿に2つのお寿司が乗っています。ところがトロの握りは2枚重ねのお皿に1つだけ乗っています。では、トロの握りは普通のお寿司何個分の(何倍の)値段でしょうか。

今度、4年生の子に試してみようっと。

げんごろう式



タイトル画像

日本を感じるとき

2008.12.26(19:14) 211

名古屋駅の新幹線ホームで名古屋名物の駅弁(例えば味噌カツ弁当)とサントリープレミアムモルツを買い込み、東京行きの新幹線に乗る。静岡を過ぎ富士山を眺めながらの駅弁とビール。旅行のわくわく感も加わって、日本を感じます。

文句無しに秀麗な姿の富士山
世界最高水準の大量高速移動システム、新幹線
プレミアムモルツは大規模工場で作られるビールの中では世界で一番おいしいんじゃないかな
各地でご当地のおいしい食べ物を楽しめる

これらを産み出し、育ててきた大勢の人々の働きを考えたとき、これだけのものが当たり前にあるというのは、実はすごいことだったんだと思いました。

新幹線、駅弁、ビール、富士山
4つの物からどれだけイメージを拡げられるかを楽しみました。
富士山はもっとゆっくり見たかったです。

げんごろう式



タイトル画像

東京ディズニーランド

2008.12.26(18:01) 210

ほたるのたっての願いで、東京ディズニーランドと東京見物に行ってきました。

23日は近鉄特急と新幹線で東京へ。
皇居へ行くと、天皇誕生日のお祝いに各国大使の車が二重橋前に集合してから延々と隊列を組んで皇居の中に入っていくところに遭遇。大使の車の前に付いた国旗を見てあめん坊は興奮気味に国当てをしていました。
国会議事堂を外から眺めてから、東京タワーへ。全く知らなかったのですが、この日は東京タワーの50歳の誕生日。人が多すぎたので、エレベーターを使わずに600段の階段を歩いて登りました。あきあかねが一番元気に登っていました。

24日は朝一番にディズニーランドへ。物凄く大勢の人が来ていた割には、たくさんのアトラクションやショーを楽しむことができ、閉園間近まで子供たちは思う存分楽しんでいました。

25日は浅草へ。浅草寺にお参りをし、お土産を買って、渋谷へ。人で溢れかえる渋谷をぶらぶらしてから、東京駅から新幹線に乗り込み帰路に就きました。

げんごろう式



旅行
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 家族旅行(05/05)
  3. 伊勢へ(09/13)
  4. トロの握り(12/26)
  5. 日本を感じるとき(12/26)
  6. 東京ディズニーランド(12/26)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。