タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

指にぎにぎ遊び

2010.04.27(22:43) 770

しばらく学校の仕事のことを書いていませんでした。
3月の年度末には前年の年度末まとめの記事にたくさんブログ拍手をもらっていたので、これは本年度のまとめを記事にしろという催促だなと思っていました。けれども担任を持っていなかったので直接どんぐり問題を児童にすることも、どんぐり理論で算数の授業をすることもなかったので(もちろん教育の統一場理論ということは毎日の教育活動で常に考えていましたが)、どんぐり理論のまとめとして出せる記事は書けませんでした。

しかし、校内研修などではことあるごとに、
  • 「できる」より「わかる」が大事
  • 言葉のむこうにある子供たちの視覚イメージを見よう
  • ゆっくりと感じ味わう時間が必要
  • 「読み書き計算」よりさらに具体的に分かり考える学習
  • 目で分かり考え覚える
  • 見えるから分かり納得できる
  • 3年生までに思考力・卒業までに判断力を育てよう、
と言ってきました。
「基礎基本の上に応用力」という思い込みが子供を見えなくさせ、「基礎基本がなかなか定着しない」と行き詰っているところに、ボディーブローとしてはかなり効いたと思います。


本年度も校内では昨年同様、担任は持っていないのですが、昨年のポストに加えて本年度は研究主任をゲットしました。

本年度の校内研修では、子供たちの思考をいかに育てていくかという課題を中心にして研修を進めたいと計画しているところです。

具象語のむこうに視覚イメージがある。
抽象語のむこうに視覚イメージの束がある。(感情もかな)
論理のむこうに視覚イメージの操作(思考)がある。(判断もかな)
視覚イメージが先にあって言葉が結びついてくるということは進化の過程を見れば分かる。

言葉のむこうに視覚イメージがあることをはっきりと意識して、一人一人の子供に豊かで多様な原形視覚イメージを育てること。
多様な原形視覚イメージは、思考のエンジンとなる。
エンジンのついた子供は、主体的に思考・判断できるようになる。

こうしたことを学校現場で納得しながら取り組み、明らかにしていける職員研修にしたいと思います。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


今日は、1年生の子と休憩時間に、指にぎにぎ遊びをして遊びました。


そしてこのことを次の授業に行かれた担任の先生の机の上に次のようなメモを置いて報告しました。



1年生の子供たちと指にぎにぎ遊びをしました。

やり方はこうです。

子供は目を閉じて両手を出す。子供の指を何本かを握る。
子供は握ってもらった指の数を当てる。答えたら目を開けて確かめる。

握っていない指の数を当てたり、握った指の数と握っていない指の数をセットで答えたりすることもできる。

この遊びの良い点は、
  • 勉強ではなく遊びの中ででき、体でのコミュニケーションもできるので、「快」の感覚と結びつけることができる。情緒の安定を図れる。
  • 数を体で感じることができる。自分の体の中にある一番確かな数の概念であるので、絶対的な自信となる。
  • 自然に十進数の概念の基礎や、10の補数(たして10になる数の組み合わせ)の概念ができる。
  • 目を閉じて当て、見て確かめることにより、イメージ力と目で確かめる力が高まる。指(数)をイメージして、たし算ひき算へとつなぐことができる。

ということです。

留意点は、
  • 学習が楽しいという感情に結びつくように、楽しい感情とともに、落ち着いてゆったりした雰囲気の中で遊ぶ。
  • 「2+8=10」などと知識を教えてはいけない。指のイメージと目で見て分かった納得感で数の概念ができれば、授業で「2+8」を学習した時、瞬時に理解できる準備ができ上がっている。

ということです。


放課後に、1年生の担任の先生をメモのことで話しをしました。そして、
「それ、ええなあ。今度の参観授業はそれで行こう」
ということになりました。
「そうですね。おうちの方にしてもらうのもいいと思います」
「先生、それ、どこで仕入れたん?」
と聞かれたので、待ってました、
どんぐり倶楽部の糸山泰造先生ですよ」
と答えました。
1年生の担任の先生には、新入生の実態と照らして、指にぎにぎ遊び(体感計算)のよさが、しっくりときたようです。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

時計ピザ

2009.01.31(07:04) 220

来週から4年生算数は、学年の重要単元の一つ、分数に入ります。
1年間、どんぐりの文章問題に取り組み、思考力(視考力)を育ててきた4年生が、どのような学びをして分数を理解していくか楽しみです。

さて、分数の学習に向けて、「時計ピザ」(時計の5分毎に、つまり中心角30°ごとに点線を入れたピザ)を教材として温めてきました。
いろんな分母(12の約数)の分数に対応できる「時計ピザ」とどんぐりのお宝算を使って、見える分数の授業を構想しています。

その一部をちょっと描いてみると・・・・・


2/3(3分の2)をどう分からせる?

「3つに分けたうちの2つ分」
「1を3つに分けたうちの2つ分」

それよりも、大事にしている「言葉で分からせるより、目で分からせる。言葉で覚えるより、目で覚える」の原則を使って、

「3人で2枚のピザを同じように分けたときの1人分」
というのはどうでしょう。

お宝算の絵を描くと、


 99 99
              
107107107


もう見えましたね。絵として 2/3 が見えました。
お宝算を完成させましょう。


 99 99            
                         
107107107         107

ピザを切った絵を描いてみてください。






お宝算は、わり算にも分数にも比にも応用できます。

A÷B と A:B と A/B(B分のA) は同じことなのです。
(なるほど、だからパソコンのわり算の記号/は分数の横線のことだったのですね)
(それで、どんぐりの三角視算表の構造は、そのままお宝算に応用できます。うまくできてます)


お宝算の図と、絵図を描く活動を最大に使って、来週から分数の学習のスタートです。

げんごろう式



タイトル画像

トロの握り

2008.12.26(19:47) 212

浅草でたまたまお昼に入ったのは、
浅草うまいもん あづま
というお店。いろいろ注文して、どれもおいしかったけど、特においしかったのは鮪の握り。握りと言えば回転寿司かスーパーマーケットの寿司の詰め合わせしか知らない子供たちにとって、おいしい東京の本鮪の握りは別の物と感じられたかもしれません。
おいしかったので、クリスマスということもあり、エイッとトロの握りを追加注文。
ほたるが
「トロは、回転寿司では2重のお皿に1個だけ乗って出て来んねんで」
と喜んでいます。


そこで考えた問題

回転寿司で普通のお寿司は1枚のお皿に2つのお寿司が乗っています。ところがトロの握りは2枚重ねのお皿に1つだけ乗っています。では、トロの握りは普通のお寿司何個分の(何倍の)値段でしょうか。

今度、4年生の子に試してみようっと。

げんごろう式



タイトル画像

オンタくん

2008.12.10(18:38) 186

どんぐり倶楽部でおなじみのデンタくんの子分、オンタくん誕生。
音楽の五線を体感で覚えるお助けマンです。

08-12-10_18-16.jpg

そもそも、音楽の楽譜がなぜ五線になったかというと、人間の指が5本だったからという説があります。
ならば、小指から親指までを第1線(一番下)から第5線(一番上)までに当てはめて、小指から順に「ミソシレファ」と覚えます。
覚え方は「味噌汁は?」です。

げんごろう式



タイトル画像

都道府県パズル

2008.12.04(21:59) 180

昨日教室に持ち込んだ、都道府県ジグソーパズル、大人気です。休憩時間には
枠の外(つまり海の部分)には、各都道府県の名物がいくつか描いてあるので、それをクイズにしたりして遊んでいます。


記憶は言葉でするより、像でするほうがずっと楽です。
想像力に生きる子供には、言葉による暗記ではなく、楽しく遊びながら見ているうちに覚えてしまうようにするのがいいと思います。
像(イメージ)を伴わない大量暗記は子供の想像力を奪ってしまいます。

げんごろう式



教材
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 指にぎにぎ遊び(04/27)
  3. 時計ピザ(01/31)
  4. トロの握り(12/26)
  5. オンタくん(12/10)
  6. 都道府県パズル(12/04)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。