タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

指にぎにぎ遊び

2010.04.27(22:43) 770

しばらく学校の仕事のことを書いていませんでした。
3月の年度末には前年の年度末まとめの記事にたくさんブログ拍手をもらっていたので、これは本年度のまとめを記事にしろという催促だなと思っていました。けれども担任を持っていなかったので直接どんぐり問題を児童にすることも、どんぐり理論で算数の授業をすることもなかったので(もちろん教育の統一場理論ということは毎日の教育活動で常に考えていましたが)、どんぐり理論のまとめとして出せる記事は書けませんでした。

しかし、校内研修などではことあるごとに、
  • 「できる」より「わかる」が大事
  • 言葉のむこうにある子供たちの視覚イメージを見よう
  • ゆっくりと感じ味わう時間が必要
  • 「読み書き計算」よりさらに具体的に分かり考える学習
  • 目で分かり考え覚える
  • 見えるから分かり納得できる
  • 3年生までに思考力・卒業までに判断力を育てよう、
と言ってきました。
「基礎基本の上に応用力」という思い込みが子供を見えなくさせ、「基礎基本がなかなか定着しない」と行き詰っているところに、ボディーブローとしてはかなり効いたと思います。


本年度も校内では昨年同様、担任は持っていないのですが、昨年のポストに加えて本年度は研究主任をゲットしました。

本年度の校内研修では、子供たちの思考をいかに育てていくかという課題を中心にして研修を進めたいと計画しているところです。

具象語のむこうに視覚イメージがある。
抽象語のむこうに視覚イメージの束がある。(感情もかな)
論理のむこうに視覚イメージの操作(思考)がある。(判断もかな)
視覚イメージが先にあって言葉が結びついてくるということは進化の過程を見れば分かる。

言葉のむこうに視覚イメージがあることをはっきりと意識して、一人一人の子供に豊かで多様な原形視覚イメージを育てること。
多様な原形視覚イメージは、思考のエンジンとなる。
エンジンのついた子供は、主体的に思考・判断できるようになる。

こうしたことを学校現場で納得しながら取り組み、明らかにしていける職員研修にしたいと思います。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


今日は、1年生の子と休憩時間に、指にぎにぎ遊びをして遊びました。


そしてこのことを次の授業に行かれた担任の先生の机の上に次のようなメモを置いて報告しました。



1年生の子供たちと指にぎにぎ遊びをしました。

やり方はこうです。

子供は目を閉じて両手を出す。子供の指を何本かを握る。
子供は握ってもらった指の数を当てる。答えたら目を開けて確かめる。

握っていない指の数を当てたり、握った指の数と握っていない指の数をセットで答えたりすることもできる。

この遊びの良い点は、
  • 勉強ではなく遊びの中ででき、体でのコミュニケーションもできるので、「快」の感覚と結びつけることができる。情緒の安定を図れる。
  • 数を体で感じることができる。自分の体の中にある一番確かな数の概念であるので、絶対的な自信となる。
  • 自然に十進数の概念の基礎や、10の補数(たして10になる数の組み合わせ)の概念ができる。
  • 目を閉じて当て、見て確かめることにより、イメージ力と目で確かめる力が高まる。指(数)をイメージして、たし算ひき算へとつなぐことができる。

ということです。

留意点は、
  • 学習が楽しいという感情に結びつくように、楽しい感情とともに、落ち着いてゆったりした雰囲気の中で遊ぶ。
  • 「2+8=10」などと知識を教えてはいけない。指のイメージと目で見て分かった納得感で数の概念ができれば、授業で「2+8」を学習した時、瞬時に理解できる準備ができ上がっている。

ということです。


放課後に、1年生の担任の先生をメモのことで話しをしました。そして、
「それ、ええなあ。今度の参観授業はそれで行こう」
ということになりました。
「そうですね。おうちの方にしてもらうのもいいと思います」
「先生、それ、どこで仕入れたん?」
と聞かれたので、待ってました、
どんぐり倶楽部の糸山泰造先生ですよ」
と答えました。
1年生の担任の先生には、新入生の実態と照らして、指にぎにぎ遊び(体感計算)のよさが、しっくりときたようです。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

ハードル並べ

2009.10.20(19:41) 623

5年生の体育の授業は今日から障害走です。

運動場に巻尺を伸ばして、その右側に3m間隔、左側に4m間隔でハードルを置いていきました。

「最初は0mのところに置いて、九九の答えのところにハードルを置いていきなさい」

子供たちは、1人1つずつ倉庫からハードルを運んで置いていきます。
2つ目からは1mずつずれていって公倍数のところで並ぶはずです。
公倍数のところに持ってきた子供が、
「ここ、いっしょになってもいいの?」
と言っています。ずれていってるのにまた並ぶのが不思議だったようです。


倍数、公倍数を算数で勉強するときに、これを思い出してね。

げんごろう式



タイトル画像

夏休み補習

2009.07.23(17:35) 503

夏休みの補習が、地域の交流センターであったので、当番で行きました。

ちょうど5年生と4年生が1人ずつ来て、それぞれ夏休みの宿題をしました。
5年生の子は今年転校してきたので、去年担任したクラスにはいませんでした。
今年の担任の先生からは、夏休みのワークブックの間違いなおしをしてほしいと言われていたので、傍で見ていました。

算数の問題で、

問題 3リットルのジュースを12人で分けると、1人分は何リットルになるでしょうか。

式 12÷3=4  答え 4リットル


と書いて×を打たれていました。ありゃりゃ。
で、×を打たれていたので、それをあてずっぽうで、「3÷12」と書き直し始めました。

子供たちは宿題を、こういうやり方でしているのがほとんどなんだろうなあ。考える力なんて育つはずがないわなあ。単純計算をいくらたくさんやっても、こんな単純な文章問題も解けやしない。単純計算が考える力の基礎だなんて嘘っぱちだ。「式が立てられても、計算ができずに問題が解けない」なんて、数字を適当に組み合わせれば式が立てられるような単純な文章問題しかやらせていないから出てくる言葉だ。

はい、そこで、ちょっとストップさせて、絵を描いて問題を解かせることにしました。
「じゃあ、ジュースを絵に描こうよ」
3つの四角形を描きました。
「次は、12人を描こう」
「ジュースを12人に配ろう」
ここで、3つのジュースを12人にどうやって配るかを考えています。
そして、しばらく考えて、12人の半分の所に線を引いて6人ずつに分けました。
またしばらく考えて、
「そうか、四角はリットルやから、デシリットルに分けて配ったらええねん」
と、6人に1つ目のリットルますから1デシリットルずつ配っていきました。次に、残りの6人にも同じように配りました。
「少ない子がいてるで。この子ら、怒るん違うか」
と言うと、残りの1リットルから少ない4人に1デシリットルずつ配って、残りは6デシリットル。
「まだ、6デシリットル残ってるで。それも配ったってや」
そこで、またしばらく考えています。
「1デシリットルずつ配ったら足らんやん」
とか、さんざんブツブツつぶやきながら、いろいろ考えましたが、最後に、
「2人ずつ組にしてその組に1デシリットルずつ配ったらええねん」
と言って、2人組を線で囲んでいきました。
「そしたら、1人分は1デシリットルの半分や。せやから、先に配っといた2デシリットルと合わせて2.5デシリットル」
「やったね。よう考えた。でもリットルで答えやなあかんよ」
と言うと、絵を見ながら0.25リットルと答えを出しました。

これで、答えは出ました。次は式です。式は、お宝算の絵を描いて説明することにしました。
ジュース3本を12人で山分けするお宝算の絵で、式を立てました。

最後に筆算で確認です。
3÷12を筆算で。単純計算はできました。
「ほらほら、この筆算と、君の描いた絵を見比べてみ。最初、2デシリットルずつ配ったやろ。それで、配ったのが24デシリットルや。残ったのが6デシリットル。これを0.5デシリットルずつ配る。すると余りなく配れた」
と筆算の数字をたどりながら、絵を見て、思考の過程をたどると、その子は、
「あっ、ほんまや!」
とびっくりしていました。

この1問をやっただけでも、今日来た価値はあったかな?

げんごろう式



タイトル画像

みつけたものとさわったもの

2009.05.22(18:56) 428

本校では、火曜日と金曜日に10分間の朝の読書タイムを設定しています。
1年生の担任の先生から絵本の読み聞かせの依頼を受けたので、ここは出番だと、勇んで読み聞かせをしました。
絵本の読み聞かせは、我が家で実験済み。うちの子が年長から小1にかけて好きだった絵本を選んで読めばいいのですから。我が家の本棚からとりあえず5冊を見繕って学校に持っていきました。

最初に選んだのは、この本です。
みつけたものとさわったもの
(1997/11)
ニコラス M.ウィル

商品詳細を見る


子供たちに大好評でした。担任の先生からはやんちゃな子もいると聞いていましたが、そんな子らも吸い込まれるように絵本を見ています。
次回は「三びきのやぎのがらがらどん」だよと予告して教室を出ようとすると、
「もっと読んで」
と通せんぼされてしまいました。


先日、幼稚園の先生とお話しする機会がありました。
幼稚園では2年前から毎月の購読絵本を、いわゆる「総合絵本」から「お話し絵本」に変えて、親子で読み聞かせをするようにしたそうです。
幼稚園に入る前から家で読み聞かせをしてもらっている子供は、子供の様子を観察しているとすぐに判るそうです。
忙しい親でも10分の時間を見つけて絵本の読み聞かせをすると、

  • 親子で濃密な時間が過ごせるので、子供の情緒が安定する。
  • 子供は読んでもらったお話しの言葉と 絵本の絵や自分が体験したイメージとが結びつく。
  • 子供たちの頭の中のイメージは止まった絵ではなくて、動いていることでしょう。

 などのいいことがたくさんありますねえ。是非、小学校になっても学校での読み聞かせと親子読み聞かせ運動を続けていきたいです。保幼小や行政、保護者が協力して親子読み聞かせ運動を地域の運動にしていきたいですねえ。
幼稚園で購入した絵本のリストを見せて下さいね。

というようなお話をしました。

げんごろう式



タイトル画像

英語活動

2009.05.17(11:29) 423

私の学校では、本年度から新学習指導要領移行措置として、5・6年生に週1時間の小学校外国語活動が導入されています。

で、5・6年生の英語活動を担当しているのは、どこのどいつだ~い? あたしだよ!
少し古かったですね。失礼しました。
私程度の乏しい英語力でも、やらないと始まらないから、がんばります!

基本的には、文部科学省の「英語ノート」を使って、水曜日2時間目(5年生)、3時間目(6年生)、2時間続きで授業をしています。幸いというか、本年度は導入初年度なので、5・6年生とも同じ内容(6年生も「英語ノート1」から)なので、教材研究は1時間分で済みます。5年生の反応を見ながら修正して6年生の授業に生かすこともできます。

授業は、ほぼ全て英語で通します。子供たちは日本語もありですよ。水曜日の1時間目は空き時間にしてもらって、集中を高め、頭を英語モードにしてから出陣です。冷や汗・・・

年度初めに英語活動を担当することに決まってから、以前買ってやりかけで放ってあった英語の学習本を引っ張り出してきて英語漬けの毎日です。というのはちょっと大袈裟ですけど。
せっかくなので、この1年間で自分の英語力も向上させようと思っています。

大人になってからの英語力向上計画はこれがいいんじゃないかと思います。

最初に取り組んでいるのがこの本。
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
(2006/10)
森沢 洋介

商品詳細を見る

中学水準の文法と単語を使って、日本語を瞬間的に(10秒以内に)英語にして口に出す練習を続けます。1回で記憶してしまおうとする必要はなく、同じところを10回ほど繰り返して気楽にやっていく方が身に付きます。時間があれば楽々と作文できる中1程度の簡単な英語でも、瞬間的に口から出そうと思えば出てきません。分かっているということと身に付いているということは違うのです。

英語版「百ます計算」というところでしょうか。百通りしかない単純計算である百ます計算よりは複雑ですが、反復高速反射訓練という意味では、小学生向きではなく、大人になってから英会話の骨格を身に付けるのに使います。

英語活動の時間中、授業者はほぼ英語でしかしゃべらないようにするので、英語が口から出てくる能力を高めたいです。本とCD両方でやっていきますが、何か月かかることやら。それよりも、終わりまで続けられるのかなあ。瞬間英作文シャッフルトレーニング瞬間英作文 パターン・プラクティスへと続いていきますが、先は長いです。

2冊目はこの本。
英会話・ぜったい・音読 【標準編】頭の中に英語回路を作る本英会話・ぜったい・音読 【標準編】頭の中に英語回路を作る本
(2000/04)
千田 潤一

商品詳細を見る

中学3年生の英語教科書の英文を集めてあります。意味の分かった英文をひたすら音読するという学習法が英語の基礎を身に付けるには最も効果的だそうです。中3、高1水準の英文だと、内容も読み応えがあって楽しいです。
なまくらな私は、音読をせずにCDばかり何回も聞いていたので、この教材および【挑戦編】は、聴いて意味を取れるようになりました。もう1回、音読をやり直そうっと。

3冊目はこの本。
速読速聴・英単語 Basic 2200速読速聴・英単語 Basic 2200
(2002/11)
松本 茂藤咲 多恵子

商品詳細を見る

単語は文脈の中で覚えるのが効果的だそうです。小学生の英語活動を指導するという意味のBasicのやり直しですが、上の2冊で音読と瞬間英作文をやれば、この本の単語は身に付いているはずなので、不要かもしれません。自分のためだけの学習なら同じシリーズのDaily1500Core 1800が必要になるでしょう。

壮大な計画(絵に描いた餅)です。
1年が終わって、私にとって英語の力を付けるのに最も効果があったのは、毎週の英語活動の授業で英語をしゃべり続けたことだった、というオチが付きそうです。

げんごろう式



授業
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 指にぎにぎ遊び(04/27)
  3. ハードル並べ(10/20)
  4. 夏休み補習(07/23)
  5. みつけたものとさわったもの(05/22)
  6. 英語活動(05/17)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。