タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんごろう式



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

合宿

2009.07.31(22:33) 516

ほたるが、新体操倶楽部でチームを組んでいるメンバー4人を呼んで、夕べ我が家で合宿。今朝から、地域の体育館を借りて1日練習しました。

お父さんは、お昼に昼食を持ってちょっとのぞきに行く役割でした。
ご飯の入った炊飯器、カレーの大鍋、食器を持って体育館へ行くと、12時を回っていたのにまだ演技の細かいところをあれやこれやと修正中でした。5人で円になって侃々諤々と話し合っています。はたで観ていると言い合いをしているみたいに見えるのですが、顔は笑っています。

やっと話し合いはまとまって、お昼ご飯。
食べ終わったら12時45分。
「1時から練習再開」
って、ちゃんと休憩も取れよ。

だれに言われたわけでもなく、自分たちが練習したいから自分たちで計画し、段取りをして、自分たちの目標に向かって練習しています。
指導者の指示通りに演技するのではなく、常に自分たちで考える練習をさせてくださる指導者の先生に感謝です。
スポンサーサイト

げんごろう式



タイトル画像

市町村対抗子ども駅伝

2009.03.07(21:14) 354

ほたるが朝早く、奈良県市町村対抗子ども駅伝大会に出場するために出かけていきました。

げんごろう式



タイトル画像

水泳

2009.02.21(22:21) 332

杉花粉が飛び始め、ジムで有酸素系の運動をするのは辛いので、久しぶりにプールで泳いだ。プールには花粉が飛んでいない。
1000mを25分かけてゆっくり泳いだ。

水泳というのは自分でやるには退屈なスポーツだ。プールの底しか見えず、泳いでいる間に考えることといったら今何m泳いだかということくらいだ。余計なことを考えていると、数え間違えてしまう。
プールの底がガラス張りでその下が水族館の水槽になっていて自分が泳ぐ下にペンギンやジンベイザメが泳いでいるような旭山動物園状態のフィットネスプールがあったら楽しいだろうなぁ。
水泳好きの皆さんはどんなことを考えながら泳いでおられるのだろう。

そこで、今日は泳いでいる間の良い退屈凌ぎを思いついた。
25mプールで1000m泳ぐということは20往復である。1往復を1ヶ月、片道を半月と考えて、カレンダーと年中行事を思い出しながら泳いで行く。20往復ということは1年と8ヶ月。正月からスタートして2年目の8月が終わったら1000m泳いだことになる。
スタートしたらいきなりお屠蘇気分だ、と思ったら七草粥を食べて、最初のターンは小正月のとんど。年中行事が次々と頭の中に流れていく。それぞれの年中行事に自分の体験したことが思い出されて、これはなかなか面白いし、数え間違いもない。単純に知識として知っているような行事はほとんど出てこないが、実際に体験した行事は圧倒的に思い出す情報量が多い。例えば、七草粥の味、熱さ、粘り気のある食感、すする音までも思い出されるし、夏休みなんかは妙にウキウキした気分まで再現される。
2回目の夏休みが終わる物悲しい気分になったところであっけなく1000mを泳ぎきった。

これまでプールの底ばかり見てターンの数を数えながら泳いでいたときは、体力的には余裕があっても退屈なので精神的に1000m泳ぐのがやっとだったが、今日のやり方なら退屈しないのでまだまだ泳げそうだ。
百ます計算とどんぐり問題の違いのようなものかもしれない。

げんごろう式



タイトル画像

奈良県市町村対抗子ども駅伝

2009.02.11(16:59) 312

ほたるが子ども駅伝の県大会に出るために練習しています。脚が痛いと言いつつ放課後にチームで練習しているようです。
今日は、チームでコースの下見を兼ねて試走に行きました。

いつも練習を見てくれている知人は心配して、
「脚が痛いのは成長痛やから、無理せん方がええのと違うか」
言ってくれましたが、本人はやる気満々です。

帰ってきて、開口一番
「むっちゃ、コース長かったわ」

本番は3月7日です。

げんごろう式



スポーツ
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 合宿(07/31)
  3. 市町村対抗子ども駅伝(03/07)
  4. 水泳(02/21)
  5. 奈良県市町村対抗子ども駅伝(02/11)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。